BUKATSUDO

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

街のシェアスペース

コミュニティ・地域社会のデザイン

株式会社リビタ

グッドデザイン賞

シェアスペースの提供だけでなく、自主的な活動を促す仕組み、そのネーミングの面白さなども評価されました。

BUKATSUDOの概要横浜みなとみらいの造船ドック跡地(国重要文化財)のB1Fをリノベーションした街のシェアスペース。
趣味の集いや街を豊かにする活動を「部活」と呼び、部活によって9.3万人のオフィスワーカーと、計画人口1万人の住民、横浜に集積するクリエイターとを繋ぐと同時に、居場所を提供する。
施設内にはキッチンやスタジオ等の6つのレンタルスペースをはじめ、部活ごとに借りられる「部室」や会員制ワークラウンジを備える。
施設の中央には誰でも利用可能なコーヒースタンドを併設し、開かれた場所となっている。
施設主催の様々な講座やワークショップも頻繁に開催し、部活づくりのきっかけを提供している。
BUKATSUDOの製品仕様横浜みなとみらいの造船ドック跡地ドックヤードガーデン(RC造)の一部をリノベーションした、延床面積817.50㎡の街のシェアスペース
プロデューサー株式会社リビタ 十河信介、土山広志、北島優
ディレクター株式会社リビタ 北島優+numabooks 内沼晋太郎+株式会社umari 古田秘馬
デザイナー田中裕之建築設計事務所 田中裕之、花塚紘紀+グルーヴィジョンズ
BUKATSUDOの開発・企画について「部活」を通じてみなとみらいの9.3万人のオフィスワーカーと地域住民、クリエイターとの間にコミュニティを醸成すると同時に、その居場所を提供する。
さらにはその能動的活動によって文化芸術創造都市・横浜の実現に寄与していくことを目指す。
地域に部活を生み出し、部活が空間を活用しながら活動していくという流れは、遊休不動産の増加が見込まれる時代において、地域活性の新たなモデルケースとなる可能性を持つ。
BUKATSUDOのデザインについて「大人の部活が生まれる 街のシェアスペース」
BUKATSUDOはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか自由な活動の受け皿となる「空間」、部活が生まれるきっかけとなる「講座・ワークショップ」、部活を支援する「サポート業務」、それぞれの観点からを行っている。
「空間」には大いに柔軟性を持たせ、時間貸し/月貸し、個人利用/団体利用など、部活の種類や成長ステージに対応できる場を用意。
また各スペースの仕切りは緩やかにし、仕上げに未完成な部分を残すことで、能動的で自由なアクションを促すよう配慮した。
部室の契約形態も、代表者による一括契約のほか、各部員との会員契約を用意するなど、場所を借りるハードルを低くしている。
「講座・ワークショップ」は、参加者がその後の部活に展開しやすいように、目標や課題の設定を重視したコンテンツ企画を行っている。
また「サポート業務」についても、各部活のメンバー募集や情報発信、スポンサー募集など、部活が継続していくために必要な支援を、ウェブも含めて実施していく。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項不動産余りの時代において、店舗・住宅・事務所などの既存用途だけでは空きスペース活用は達成し難い。
本施設は「コミュニティを創出し、コミュニティが主体となって場所を借りて活動する」という新たな地域活性の事例となることを目指す。
また同時に、今後高齢化と単身者が増える社会では地縁や血縁を代替する繋がりが求められ、そうした課題の解決を示唆する場でもありたいと考える。
どこで購入できるか、どこで見られるか神奈川県横浜市西区2-2-1ランドマークプラザB1F、BUKATSUDO公式HP、BUKATSUDO公式Facebook、BUKATSUDO公式Twitter
BUKATSUDOをもっと見る・購入 楽天市場でBUKATSUDOを探す

amazonでBUKATSUDOを探す

Yahoo!ショッピングでBUKATSUDOを探す

Yahoo!オークションでBUKATSUDOを探す
オフィシャルサイト http://bukatsu-do.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
コミュニティ・地域社会のデザインの人気グッドデザイン