木造モノコック

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

岡山県立大学同窓会館

公共用途の建築物・空間

岡山県立大学 岩本研究室

グッドデザイン賞

ユニークで大胆な形態が目を引くため、アイコニックな形状だけが特徴の作品に見えるが、よく見ると、木造モノコック構造を生かした合理的な木質シェル構造であることがわかる。

内部空間には、この木質の構造体や仕上げ材がそのまま露出され、素直な構成になっている。

使用されている材料も特殊なものではなく、住宅用の流通部材と金物から構成されていて、好感が持てる。

木造モノコックの概要岡山県立大学同窓会館は、卒業生の拠点整備と講義室が使用用途であるが、同窓生のシンボルとなり、また木造建築の新たな可能性を試論した建築でもある。
設計ではHPシェル型の「木造モノコック構造」を考案して、「橋」のように浮遊する建築デザインにより解放的なキャンパス環境を形成した。
木造モノコックは材長4.5m以下かつ120角単一材料による流通製材と住宅用金物で構成して、在来工法で施工可能な構法を開発し、工期短縮と工費圧縮を計り、中・大規模木造建築の普及に向けた設計手法を提案した
木造モノコックの製品仕様岡山県立大学同窓会館の主なは、流通木材と住宅用金物による木造モノコック構造。
規模は2階建て、1階がピロティとなっている。
建築面積は229.23㎡、延べ床面積は236.32㎡。
大きさは長さ29.5mx奥行8.7m、最高部高さは8.5mである。
外壁はコルテン鋼3.2mm素地をオープンジョイントでビス止めしている。
プロデューサー岡山県立大学同窓会会長 根馬和子 / 同窓会館建設実行委員長 寺田和子
ディレクター岩本弘光
デザイナー岩本弘光
木造モノコックの開発・企画について林業を基幹産業とする岡山県の県産ヒノキ材を利用した、新しい木造設計手法の開発により、林業や建築業の産業振興による地域貢献を計った。
また、国交省と農水省が平成23年度に施行した「公共建築物における木材の利用の促進に関する法律」に準拠して、これまで未開発であった在来工法による中・大規模木造建築の新たな設計手法を提案している。
木造モノコックのデザインについてHPシェル型の「木造モノコック構造」を流通製材と住宅用金物で構成。
在来工法による工期短縮と工費圧縮。
木造モノコックはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかHPシェル型の「木造モノコック」を在来工法で施工し、工期短縮と工費圧縮を同時実現するために、次の工夫を行った。
先ず、材料は日本中で入手可能な流通木材、構造用合板と住宅用金物に限定してローコスト設計とした。
施工方法は平均長軸約8.1mの楕円形シザーストラスを地組して立上げ、平均約3.8mスパンに配置して外桁と内桁で連結した後、構造用合板で外周を固めて耐力を確保した。
建方は足場がいらず、やはり工期短縮と工費削減に効果した。
一方、構造材は岡山県産ヒノキは材長4.5m以下かつ120角を単一材料に使用して簡潔なデザインとローコスト化を実現した。
また、構造材の加工はCADデータをプレカット機に直接入力加工することに施工図が不要となり大幅な手間とコスト、工期の削減につなげた。
外壁のコルテン鋼3.2㎜は簡易な約5㎜幅オープンジョイント目地ビス止めにして、施工性向上と端的なディテールを併存させた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項建築空間を原理的に構築することが、建築に普遍的な価値を与えるのではないだろうか。
F・キャンデラ設計の教会を見て、HPシェルの秩序が生み出す歯切れのいい美しい空間を知り、いつかはこれを木造で実現したいと温めてきた。
そこで、HPシェルとモノコック構造をハイブリッドして「橋」のように浮遊する造形と空間を生成することにより、新しい木造の設計手法につなげることを試論した。
どこで購入できるか、どこで見られるか岡山県総社市窪木111、岡山県立大学
木造モノコックをもっと見る・購入 楽天市場で木造モノコックを探す

amazonで木造モノコックを探す

Yahoo!ショッピングで木造モノコックを探す

Yahoo!オークションで木造モノコックを探す
オフィシャルサイト http://oka-pu.ac.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン