shells court

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

共同住宅

住宅や住宅設備

株式会社吉富興産一級建築士事務所

グッドデザイン賞

限られた敷地条件の中で、圧迫感のないボリュームデザインをしつつ、住戸にも適切な開口部が設けられており、シンプルだがスタディの行き届いた都市型集合住宅の実例だと思います。

フレームで切り取られたような室内からの外への視点が、住戸と都市のほどよい連続感があり、魅力的です。

shells courtの概要様々な人々が行き交う青梅通りに隣接した敷地に計画した集合住宅です。
地下1階、地上4階からなり、各住戸はフラットまたはメゾネットによる構成となってます。
限られた空間の中で視線の抜けを作り、外部との繋がりを演出することで、都会の喧騒の中でも快適な住環境を提案しています。
メインファサードを構成する木製ルーバーは、太陽高度から導き出した入射角に基づき1本1本をランダムにレイアウトしています。
それにより各住戸に四季折々の光をとりいれ、空間に多彩な表情を作り出すとともに、プライバシーと開放感を両立する役割を担っています。
shells courtの製品仕様延床面積:555.33㎡ 建築面積:129.02㎡ 構造:鉄筋コンクリート造 階数:地上4階 地下1階 世帯数:共同住宅13戸・店舗1戸
プロデューサー株式会社吉富興産一級建築士事務所 企画室 澤口直樹
ディレクター株式会社吉富興産一級建築士事務所 企画室 澤口直樹
デザイナー株式会社吉富興産一級建築士事務所 企画室 梅枝亮一郎
shells courtの開発・企画についてメインファサードを構成する木製ルーバーは、太陽高度から導き出した入射角に基づき1本1本をランダムにレイアウトしています。
それにより各住戸に四季折々の光をとりいれ、空間に多彩な表情を作り出すとともに、プライバシーと開放感を両立する役割を担っています。
shells courtのデザインについて木製ルーバーは、太陽高度から導き出した入射角に基づき1本1本をランダムにレイアウトしています。
shells courtはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか様々な人々が行き交う青梅通りに隣接した敷地に計画した集合住宅です。
地下1階、地上4階からなり、各住戸はフラットまたはメゾネットによる構成となってます。
限られた空間の中で視線の抜けを作り、外部との繋がりを演出することで、都会の喧騒の中でも快適な住環境を提案しています。
メインファサードを構成する木製ルーバーは、太陽高度から導き出した入射角に基づき1本1本をランダムにレイアウトしています。
それにより各住戸に四季折々の光をとりいれ、空間に多彩な表情を作り出すとともに、プライバシーと開放感を両立する役割を担っています。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項限られた空間の中で視線の抜けを作り、外部との繋がりを演出することで、都会の喧騒の中でも快適な住環境を提案しています。
メインファサードを構成する木製ルーバーは、太陽高度から導き出した入射角に基づき1本1本をランダムにレイアウトしています。
それにより各住戸に四季折々の光をとりいれ、空間に多彩な表情を作り出すとともに、プライバシーと開放感を両立する役割を担っています。
shells courtをもっと見る・購入 楽天市場でshells courtを探す

amazonでshells courtを探す

Yahoo!ショッピングでshells courtを探す

Yahoo!オークションでshells courtを探す
オフィシャルサイト http://www.yoshitomi-kosan.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン