神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

グランフォート鎌倉山ノ内

住宅や住宅設備

株式会社大京(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

階段状にセットバックした緑化テラスによって、建物が緑豊かな鎌倉の街並みにしっくりと溶け込んでいる。

緑化テラスは住む人々にとっても緑を楽しめる豊かな空間となっていることだろう。

中庭は、湧き水や孟宗竹を活用し、古き良き鎌倉とモダンテーストをマッチさせた洒落たデザインとなっている。

神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1の概要本計画は、日本の伝統と空気感を継承する北鎌倉に、60戸・地上4階・地下2階の集合住宅を建設したものである。
ここには建長寺などの古刹が点在し、計画地周辺は木造建物と緑・湧き水・鳥のさえずりが一体となった柔らかな環境である。
建設にあたり、この地が守り育ててきた文化をデザイン面で継承すると同時に、歩行者空間やポケットパークの整備と立体的な緑化を行った。
これによって建築物を地域の中に溶け込ませるだけでなく、北鎌倉の伝統を感じる公共スペースの充実を図っている。
又、建物周辺に配置されたこれら公共スペースの中心に中庭を配置し、集合住宅がコミュニティーとしての求心性とシンボル性を獲得できるよう計画している。
プロデューサー株式会社大京 横浜支店 建設部 係長 藤田功記
ディレクター株式会社環境デザイン計画 代表取締役社長 川島啓道
デザイナー有限会社船田アーキテクツ 代表取締役 船田徹夫
神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1のデザインについて伝統を色濃く今に伝える街にあって、「守ること」と「新しくつくること」という2つを正面に据え、これを同時に実現できる建築とランドスケープをめざした。
北鎌倉の魅力は、五感で受ける風景や水音等と共に「渡る・分け入る」等の行為が複合したものと捉え、これをデザインすることで文化面でも地域の財産となるよう考えた。
又、湧き水の活用、既存樹の保存、黒塀の再現など「土地の記憶」に関わる点では地域との話合いを重ねた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項既存樹の保存方法や地下水の利用方法は、楽しく接することができると共に、自然に対する畏敬の念が感じられるようなものとする。
又、地域及びこの集合住宅の共有のシンボルとなるような形態とする。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応公共空間の整備にあたっては「水の流れ」、「緑」、「地域に特徴的な塀の形や色」等、北鎌倉らしい要素を象徴的に取り込み、地域の人々や観光客がゆっくりと散策し、憩うことができるものとする。
神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1をもっと見る・購入 楽天市場で神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1を探す

amazonで神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1を探す

Yahoo!ショッピングで神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1を探す

Yahoo!オークションで神奈川県鎌倉市山ノ内571番地1を探す
オフィシャルサイト http://www.daikyo.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン