沖代の家

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

江藤健太アトリエ建築設計事務所

グッドデザイン賞

都市の周縁に建つ住宅である。

1階に共有空間を、2階に個室を配置した一般的な戸建住宅であるが、東西を開口のない壁とし、隣家に接する南面に2階を開放した壁を建て、水田に接する北面を開放することによって、将来の変化が予想できない地域にありながら、半ば町に開かれながらプライバシーが守られた住宅を実現している。

余計な要素を削ぎ取り、周辺との関係を明解に空間化した優れたデザインである。

沖代の家の概要この住宅は大分県北部に位置する。
敷地周辺環境は南と西に住宅が隣接し、反面して北側には田園風景が残されていた。
この表裏反面する環境に対し、田園への開放と同時にプライベートな場やコミュニティーの場を住宅内部に作ろうと考えた。
建物は、南北軸を3つの大開口で貫通させ、洞窟のような断面構成としている。
そうする事で、視覚的に囲われたプライベートな庭ができると同時に外部とのコミュニティーの場や内部からの開放性を獲得できる。
今後、外部周辺環境がどのように変化していくか予測不可能な中で、建物内外の住環境、コミュニティーやプライバシー、開放性などの条件に対してニュートラルな状態で対応するデザインとしている
沖代の家の製品仕様面積:115.10㎡ 構造:木造軸組工法、一部鉄骨
プロデューサーO様
ディレクター江藤健太/江藤健太アトリエ建築設計事務所
デザイナー江藤健太/江藤健太アトリエ建築設計事務所
沖代の家の開発・企画について外部とニュートラルな状態で繋がる事ができ、視覚の開閉を操作する事でさまざまな機能となる場を住宅内部に提案。
良好な風景や隣家などが混在する地域では、方位によ って表裏反面する周辺環境が現れてくる。
対して、洞窟のような断面構成をもつ空間とする事で、住宅内部に視覚的プライベートな場所や、人とのコミュニティーの場となる通り庭・玄関土間、子供の遊び場、又は田園風景や中庭に大きく開放できる空間を獲得できる
沖代の家のデザインについてプライベートな場や外部とのコミュニティーの場、開放性を同時に内包する、洞窟のような断面構成をもつ住居
沖代の家はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか敷地周辺環境は、南・西側に隣家が点在し北側に田園風景が残されている状況であった。
残されている良好な周辺環境に対して、最初から閉ざすのではなく活かしながら開放し、今後変化する周辺環境の中でも視覚的に調整できる空間を作ろうと考えた。
建物は、南北軸に約7mの大開口をそれぞれ異なる高さに3ヶ所設け、南北を繋ぎ合わせている。
南側の大開口を上げる事で隣家からのプライバシーと採光・通風を確保している。
対して、北側は田園を見下ろすように眺望を確保している。
また、建物長辺方向を東西軸にとり、吹抜け・開口部・床材・木製建具の鴨居やレールの方向性を統一する事で空間に距離感を与えている。
南北軸に大開口をくり貫く事で空洞を作り、東西軸に方向性と距離感を与え、ひとまとまりのシンプルな箱の内部に広がりをもたせた。
空間の内と外との関係を視覚的に操作する事で、プライベートな場や外部への開放性を同時に作り出した
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項将来的に予測不可能な外部周辺環境の中にありながらも、要望や地方の気候又は平均的な建設予算等を考慮したうえ、建築的、インテリア的、外構的な全ての操作により採光や通風、視覚等を調整する事で、一般的な住宅規模の内部に、人とのコミュニティーの場やプライベートな場、大きく外部に開放できる場を同時に獲得でき、居住者の生活が建物内外でニュートラルに繋がる事のできる豊かな内部住空間を作る事ができる
どこで購入できるか、どこで見られるか江藤健太アトリエ建築設計事務所、江藤健太アトリエ建築設計事務所
沖代の家をもっと見る・購入 楽天市場で沖代の家を探す

amazonで沖代の家を探す

Yahoo!ショッピングで沖代の家を探す

Yahoo!オークションで沖代の家を探す
オフィシャルサイト http://eto-atl.com/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン