木づかう住まい

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

山佐産業株式会社

グッドデザイン賞

鹿児島という蒸暑地に建つ木造住宅である。

数値で表された快適性を身体と心地で実感できる伸び伸びとした快適な木造住宅である。

木づかう住まいの概要「健康に暮らしたい」という思いは誰しもが思う事であり、願いである。
毎日の生活の中で維持され養われる健康は住まい手の日々の積み重ねから生まれてくるものである。
そこには、生活基盤としての住まいと地域環境があり、それらを提供するつくり手は住まいの健康と住まい手の健康を気づかう思いと地域に根差した素材を、自然に返してあげる様な木づかいが必要である。
本物件は住空間の中で地域と素材が見える割合から心地を探るデザインとして『緑・空・木視率』に着目。
地域とつなぐ開口部と合わせて持続可能な健康空間と性能を確保した住まいを創造し『もっとたくさんの住まい手に届けたい木づかいの住まい』として提案する。
木づかう住まいの製品仕様在来軸組木造住宅
プロデューサー山佐産業株式会社 代表取締役社長 佐々木典明
ディレクター山佐産業株式会社 ヤマサハウス住宅本部 竹下伸一
デザイナー山佐産業株式会社 ヤマサハウス住宅本部 岡本大樹、郡山憲司、竹下伸一
木づかう住まいの開発・企画について地域材の活用と素材を活用し家族と共に光と風に触れ合う様デザインする事が生かし方と考える。
そこには緑と空と木の見える程よいバランスが必要で、時代が変われどいつも家族を見守ってくれる使い方が必要である。
慣れ親しんできた住まいを次世代に引き継ぐ事と経年変化と共に愛着に変わる素材たちは作り手たちが正しく理解して後世に伝えていく思いが必要。
地域地場産材の流通を促し、鹿児島の地域に活性化を期待する。
木づかう住まいのデザインについて地域に開き、触れる、香れる、素材を大切にした木づかいで持続可能な健康空間を創造する。
木づかう住まいはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか『蒸暑地』鹿児島に対応する為に、高気密・高断熱・遮熱といった外皮性能と気候風土を知り、それらを活かした、光・風・間取り・屋根を考慮したパッシブ設計を基本計画とし、スケルトン・インフィルによる次世代への住まい方の変化にも対応する事で持続可能な住まいとした。
地元の良質な浮づくり加工の杉材を床に施し調湿効果と肌触りを楽しむ、又天井には目のきれいな薫り高い檜を施し落ち着く空間を楽しむ、内装に対して木材の見える割合(木視率)で木づかいのバランスを取る。
それらが住まい手と共に長く暮らしていける様に陽があたり、風が流れる空間に配置し経年変化を楽しむ事ができる様に計画。
合わせて地域に溶け込む開口部からは緑と空、そして家族のコミュニケーションのとれるADJUST機能を備え心地の居場所を探る。
それらの役割を担いながら夜になると街に灯と味わいが地域の人たちと共有でき、いつしか愛着あるふるさとを創造させてくれる。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項裏付けされた性能は住まいとそこに住まう人を健康にする。
しかし数値を明確に表す事のできる性能からは実際の感覚を伝える事は難しい。
地域の自然素材は視覚、肌触り、匂いと精神的にも落ち着けるものではあるが誰しもが共通ではない。
私たちは街のかかりつけ医の様にその人に合わせた処方が必要で向き合う心とちょうどいいを見付け出す事が使命である。
その事により持続可能な住まいと健康住宅の普及が私たちの役割である。
どこで購入できるか、どこで見られるか鹿児島県 鹿児島市
木づかう住まいをもっと見る・購入 楽天市場で木づかう住まいを探す

amazonで木づかう住まいを探す

Yahoo!ショッピングで木づかう住まいを探す

Yahoo!オークションで木づかう住まいを探す
オフィシャルサイト http://www.yamasahouse.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン