プレミアム J 長岡

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

戸建住宅

住宅や住宅設備

住友不動産株式会社

グッドデザイン賞

新潟、富山、石川などの北陸地方や中部の寒冷地域には、冬期の洗濯物の物干場など多目的に使用するための温室のような空間が散見される。

この住宅はその温室的な空間を、建物2階の間口一杯に拡げることによってダブルスキンとしての働きを持たせるとともに、ファサードの表情を決定づけている。

豪雪地域に相応しい住宅のプロトタイプの提案といってよいだろう。

プレミアム J 長岡の概要厳しい外部環境においても豊かなバルコニーライフを楽しめる仕組みをもった戸建住宅の提案である。
日本でも有数な豪雪地区である新潟県長岡地区では、外部空間は一概に魅力的だとは言えない。
そこでガラスで囲われたバルコニーを設けることで、1年を通して利用可能な半屋外空間を供給し、季節を問わず住まい手のアクティビティを「最大限」許容できる空間づくりをめざしている。
さらにガラスバルコニーは内と外との視覚的緩衝帯の役割を果たし、住宅が地域に開く契機にもなる。
ダブルスキンの半屋外空間とすることで厳しい寒さに対しては温室として集熱装置にもなり、住宅の省エネルギー化にも貢献することを期待している。
プレミアム J 長岡の製品仕様木造2階建
プロデューサー住友不動産株式会社 執行役員 製品企画室長 和泉沢忠晴
ディレクター住友不動産株式会社 製品企画室 今井康博
デザイナー住友不動産株式会社 製品企画室 和泉沢忠晴 赤坂英司 小高哲也 +Style-J 上甲千恵
プレミアム J 長岡の開発・企画について豪雪地方において年間を通して利用可能なバルコニーとするため、ダブルスキンを応用したガラスバルコニーを提案した。
これはエネルギーの視点からも効果が期待できると同時に外界との中間領域を形成しており、「雪景色の中に緑を提供する温室」など地域コミュニティーにおいて、戸建住宅が積極的に周辺地域にかかわっていける場所になることを期待している。
プレミアム J 長岡のデザインについて2Fガラスバルコニーによる浮遊感と住まい手の生活を映し出す透明感のあるファサード
プレミアム J 長岡はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかガラスバルコニーの環境を調整することができるように、換気・通風を可能としておき、遮光用カーテンも取り付けられる仕様としている。
また内側はバルコニーのガラス+通常のサッシのダブルサッシとなっている。
これによりバルコニーで溜めた暖気を居室へ取り込んだり、夏には遮光と通風により外気より涼しい環境が得られるようになっているので、状況に合わせた各室への熱の取り込み・排出が可能になっている。
またバルコニー全体をガラスで覆ってしまい、屋根の軒天を全面木板貼とすることで、屋根の浮遊感を強調するとともに、良い意味で住宅らしくないショーウィンドウ的な外観をデザインした。
さらにガラスバルコニー内にキッチンを配置し、ただのバルコニーでない使い方を喚起させつつ、家族のコミュニケーションを促す場所が住宅のファサードを形成していくような計画を行った。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項特殊な問題はしばしば「解決しなくてはいけない問題」としてネガティヴにとらえられることが多い。
しかし長岡の住宅では、豪雪という特殊性をポジティブに捉えて形にし、それが住まい手のより良い環境や住宅と地域との関係を築くデザインとして昇華されている。
この特殊解が豪雪地域における一つの一般解となっていくことを期待している。
プレミアム J 長岡をもっと見る・購入 楽天市場でプレミアム J 長岡を探す

amazonでプレミアム J 長岡を探す

Yahoo!ショッピングでプレミアム J 長岡を探す

Yahoo!オークションでプレミアム J 長岡を探す
オフィシャルサイト http://www.sumitomo-rd.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン