タカタ04ネオSF

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

チャイルドシート

乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品

タカタ株式会社

グッドデザイン賞

ISOFIXに対応していない自動車にも安心して使用できるチャイルドシートを提供したいという、メーカとしての真摯な姿勢が感じられる。

固定のための操作力を小さくし、しっかり取付けられたことを音でわかるようにするなど、ユーザに対する配慮がある。

タカタ04ネオSFの概要クルマのシートベルトで座席に固定するチャイルドシートは、取り付けミスが60%以上ともいわれている。
その原因は、力やコツを必要とするシートベルトでの取り付けが難しく、緩みやグラつきが生じることや正しく取り付けできたのか分かりづらいことである。
本製品は、軽くハンドルを回すだけでシートベルトをしっかり締め付け、取り付け完了が『カチカチ』という音で分かる『プリローダーシステム(SMARTFIX)』を搭載している。
現在、取り付けミスを無くす国際規格ISOFIXが普及しつつあるが、本製品は、現在も市場に多く存在するISOFIX非対応のクルマにも安心、安全に使用できる乳幼児兼用型チャイルドシートである。
タカタ04ネオSFの製品仕様<適応年齢>新生児〜4歳頃 <適応体重>新生児〜18kg <適応身長>新生児〜100cm <商品サイズ>幅465×奥行き565×高さ640mm <重量> 8.0 kg <安全基準>ECE R44/04
プロデューサータカタ株式会社
ディレクタータカタ株式会社
デザイナータカタ株式会社
タカタ04ネオSFの開発・企画について市場には、ISOFIXに非対応のクルマも多くある中で、本製品は従来のシートベルト取り付けであっても、取り付けミスを防ぎ、安心して使用できる。
また、正しく取り付けできているか不安があるという64%の声(当社調べ)にも、取り付け完了が音で分かる機能で対応している。
クルマに正しく取り付けできるようにすることで、万一の交通事故の際に子どもの死傷者を低減させるために大きく寄与できるものと考えている。
タカタ04ネオSFのデザインについてプリローダーシステムで簡単に正しく取り付けでき、多くのクルマに適合すること。
タカタ04ネオSFはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかプリローダーシステム搭載の第3世代となる本製品では、ハンドル操作の向上、子供の乗せおろしを特に見直した。
このシステムの特長であるハンドルを回しやすい形状に変更、回す回数も出来るだけ少なくすむようにした。
また、当社独自のマグネットタング&自立バックルの採用によるハーネスの着脱をしやすくしている。
さらに、シートベルトを通す位置を出来るだけ低く設定し、子供をスムーズに乗せ降ろしできるようにしている(乳児モード)。
また、シート本体はサイドプロテクション内蔵のソフトモールド、特に乗車中にムレやすい背もたれと座面にはベビー布団に使用される固綿素材を採用し、安全性と快適性を両立させた。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項乗せ降ろしが容易とされる回転タイプのチャイルドシートは構造上かなり重くなるため、前面衝突時の安全性能を十分に満たすにはシートベルトでの固定に加え、前方への沈み込みを抑えるサポートレッグが必須。
しかし、サポートレッグは、クルマの条件(床下収納があり強度不足の場合は取付けNG等)に大きく左右する。
本製品はシートベルトだけでも高い安全性を確保し、多くのクルマにも適合させている。
どこで購入できるか、どこで見られるかアカチャンホンポ、Amazon、ベビーザらス等のベビー用品取り扱い店
タカタ04ネオSFをもっと見る・購入 楽天市場でタカタ04ネオSFを探す

amazonでタカタ04ネオSFを探す

Yahoo!ショッピングでタカタ04ネオSFを探す

Yahoo!オークションでタカタ04ネオSFを探す
オフィシャルサイト http://www.takata.com/childseat

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品の人気グッドデザイン