このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

モーターサイクル

乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品

スズキ株式会社

グッドデザイン賞

日本では今年発売された隼は、海外では1999年に登場しており、高速時の性能を実現すべく、重心を低め、空気抵抗を減らし、ライダーの防風効果を高めつつ、縦長2灯式ヘッドランプや鎧兜をモチーフとしたリアカウルなどにより、ひと目で隼と分かる個性を実現した。

高性能車でありながら乗りやすく疲れにくいことを含め、海外では熱烈な支持者を有している。

日本車が基本設計を変えずに長期間生産されるのは珍しく、国内導入開始を機に評価の対象とした。

隼の概要「隼(ハヤブサ)」は、「究極のスポーツバイク」を構想に開発された、高い空力特性を持つ独特のデザインと優れた走行性能が特長の大型ロード・スポーツ・バイクである。
1999年より欧州や北米などで販売を開始し、近年ではインドなど新興国へ投入するなど、スズキが誇る旗艦機種として、世界中で好評を得ている。
日本仕様の「隼(ハヤブサ)」は、国内の認証基準に適合しながら、欧州仕様と同じ最高出力・最大トルクを実現。
また、国内の二輪車で初めてETC車載器を標準装備した。
隼の製品仕様全長2,190mm 全幅735mm 全高1,165mm シート高805mm 装備重量266kg 最高出力145kW〈197PS〉 / 9,500rpm 最大トルク155N・m〈15.8kgf・m〉 / 7,200rpm 乗車定員2名
プロデューサースズキ株式会社 二輪事業本部 二輪商品企画部長 中村鉄也
ディレクタースズキ株式会社 二輪事業本部 二輪商品企画部 デザイン課長 西野敏行
デザイナースズキ株式会社 二輪事業本部 二輪商品企画部 デザイン課 小日向純典
隼の開発・企画について従来のスポーツバイクに求められる「動力性能」、「ハンドリング/コーナリング性能」、「ブレーキ性能」に加え、「快適性」や「オーナーの満足感」といった要素も取り入れ、独自の世界観を創造するスポーツバイクとして提案しました。
また、国内では余裕ある出力や扱いやすさからツーリングへの需要も高まっていることから、ツーリングに適した国内仕様を開発しました。
隼のデザインについてコンセプトは「アルティメット スポーツ」つまり究極のスポーツバイクです。
隼はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかフラッグシップモデルとしての独自性と空力的優位性、スタイリングと機能の高次元での融合を目指し、風洞実験を繰り返しながら形状をつめていきました。
通常の多面的な面構成からなる容姿とは違い、有機的で情感のあるシルエットや面質は、前方から受ける風を後方へとスムーズに流し、空気抵抗を低減する効果があります。
また、ウインドスクリーン形状やカウルサイドの面の返りなどはライダーにかかる風圧を巧みにちらす効果があり、快適性を向上しています。
高速域だけではなく、常用速度域においてのウインドプロテクション効果の向上も踏まえたスタイリングとなっています。
日本国内仕様投入に於いては、高速道路を利用したツーリングでの使用も多いことから、ETCを標準装備とし、通常、後付となるETCの状態を示すインジケータ―を無くし、メーターの液晶内に表示させたことにより、インパネまわりをすっきりと纏めることが出来ました。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項初心者からベテランまで、長距離走行時の快適さと、高い運動性能を体感できるのが隼の特徴です。
「優しさと力強さ」をスタイリングテーマの核として、時間が経過しても飽きのこない造形を目指しスタイリングをまとめました。
また、日本が世界に誇る性能のモーターサイクルである事から、外観には優れた空力特性を踏まえたうえで、日本的な独自性をもたせるため、「鎧兜」をモチーフに細部に至るまで妥協なく造り込みました。
どこで購入できるか、どこで見られるか全国の隼取扱店 (スズキホームページに掲載)、スズキ株式会社 二輪車ウェブサイト、隼取扱店 検索ページ
隼をもっと見る・購入 楽天市場で隼を探す

amazonで隼を探す

Yahoo!ショッピングで隼を探す

Yahoo!オークションで隼を探す
オフィシャルサイト http://www1.suzuki.co.jp/motor/gsx1300ral4/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品の人気グッドデザイン