横浜市都筑区中川1丁目4-1 

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

xevo ケーススタディハウス

住宅や住宅設備

大和ハウス工業株式会社(大阪府)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

形ではなく、住まい心地や楽しさを一番に考えられた暮らし心地デザインを提案した住宅。

女性の視点で考えられた暮らしを楽しむ工夫がプランニングから細部にまで行き渡っている。

衣類の管理からゴミの置き場所といった暮らしのデザインをダイワハウスの新工法、性能を駆使して提示し、都市型住宅の新しい姿を提示した点が評価された。

横浜市都筑区中川1丁目4-1 の概要住む人一人ひとりに本当の「暮らしごこち」良さを提供する目的で、ダイワハウスは、アメニティアドバイザー近藤典子氏とのコラボレートによる「暮らしごこちデザインプロジェクト」を発足した。
ケーススタディハウスは、住まい手の暮らしに根ざした顕在・潜在ニーズを「3つの“間”=空“間”、時“間”、人“間”」のコンセプトによるデザインで解決するための検討成果を具現化した住宅である。
これからの家づくりの参考にできるよう、サイズ・間取・動線はもちろん、コミュニケーションや安らぎのあり方、洋服の管理の仕方やごみの置き場所に至るまでの一連の暮らしのデザインを、ダイワハウスの新工法・性能との融合により実現している。
プロデューサー大和ハウス工業株式会社+株式会社近藤典子Home&Life研究所
ディレクター大和ハウス工業株式会社+株式会社近藤典子Home&Life研究所
デザイナー大和ハウス工業株式会社+株式会社近藤典子Home&Life研究所
横浜市都筑区中川1丁目4-1 のデザインについて「本当に暮らしごこちのいい家とは何か?」を追求した住宅の提案である。
「3つの”間”」の基本コンセプトに基づく、空間・動線・アイテム群の提案は、住まい手が実際に入居し、生活して初めて気付くような大小様々な暮らしの「困ったこと」に真摯に向き合い、実生活に根ざした機能性と美しいデザインの両立を試みた。
本提案が、今までありそうでなかった暮らしこごちの発見を促し、より豊かな日常を実現することを期待している。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項「3つの“間”」のコンセプトを明快に表現する上で、生活動線に配慮したゾーニングが要であること。
収納等の諸機能は広さよりも適所配置を重視すること。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応敷地の広さや建物の大きさが限られる都市部において、フレキシブルな暮らしの変化を提供する提案を行うこと。
とくに内外部の「空間の仕切り方」に着目し「扉で暮らしを楽しむ」提案を行うこと。
横浜市都筑区中川1丁目4-1 をもっと見る・購入 楽天市場で横浜市都筑区中川1丁目4-1 を探す

amazonで横浜市都筑区中川1丁目4-1 を探す

Yahoo!ショッピングで横浜市都筑区中川1丁目4-1 を探す

Yahoo!オークションで横浜市都筑区中川1丁目4-1 を探す
オフィシャルサイト http://www.daiwahouse.co.jp/topix/release_176.html

関連するグッドデザイン

MNHの写真

MNH

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン