千葉県千葉市中央区川崎町1-20

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

フクダ電子アリーナ

土木・環境整備・地域開発・都市デザイン

千葉市(千葉県) 株式会社日本設計(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

合理的な構造体を建物のキャラクターに結び付けているのが興味深く評価出来る。

千葉県千葉市中央区川崎町1-20の概要「フクダ電子アリーナ」はJFE スチール工場跡地に建設された約2万人収容の専用球技場である。
サッカーJ リーグジェフユナイテッド市原・千葉のホームスタジアムとして建設された。
227 ヘクタールにおよぶ広大な 蘇我特定地区再開発の起爆剤として、またそのうちの46ヘクタールを占める「蘇我スポーツ公園」第1号施設として計画され、地域のランドマークにふさわしい高いシンボル性を発揮している。
また、日韓ワールドカップ時に建設された多くの巨大スタジアムとは異なり、J リーグサッカーのイベントスケールに見合った、観やすく、使いやすく、よりコンパクトな「次世代型」「地域密着型」スタジアムの先駆的事例でもある。
プロデューサー千葉市長 鶴岡 啓一
ディレクター株式会社日本設計 チーフアーキテクト 三井 雅貴
デザイナー株式会社日本設計 チーフアーキテクト 三井 雅貴、主任技師 増木政彦
千葉県千葉市中央区川崎町1-20のデザインについて低迷する経済状況と発注者である市の厳しい財政から、コスト・工期ともに大幅な縮減を求められた。
今後、新スタジアムは皆同様の条件、経済環境下での建設を余儀なくされるであろう。
限られた時間とコストのなかでより高質なデザインを実現するために、平面、断面から各部材のディテールに至るまで標準化と反復を徹底し、絞られた要素のデザインにエネルギーを注いだ。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項●単純化・標準化・工業化の追求/ 工期短縮とコスト縮減を求められるなか、「架構形式・平年計画を徹底して単純化・標準化・工業化し、スパン単位のユニットを効率よく反復させること」を最優先課題とした。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応●愛されるスタジアムの創出/ スタジアムはその巨大さゆえに、とかく威圧的景観に陥りがちである。
この威圧感・圧迫感を和らげること、親しみやすい景観を創出することに配慮した。
千葉県千葉市中央区川崎町1-20をもっと見る・購入 楽天市場で千葉県千葉市中央区川崎町1-20を探す

amazonで千葉県千葉市中央区川崎町1-20を探す

Yahoo!ショッピングで千葉県千葉市中央区川崎町1-20を探す

Yahoo!オークションで千葉県千葉市中央区川崎町1-20を探す
オフィシャルサイト http://www.sogastadium.com

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
土木・環境整備・地域開発・都市デザインの人気グッドデザイン