大阪府守口市藤田町6-173他

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

大阪国際大学・短期大学部食堂棟 「(仮称)Kus-Kus Cafe」

土木・環境整備・地域開発・都市デザイン

株式会社安井建築設計事務所(大阪府)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

ガラスに施したグラフィックによって、大学にふさわしい楽しく若々しい雰囲気が良い。

大阪府守口市藤田町6-173他の概要学園キャンパス内の西門に位置する食堂棟。
1階にカフェ、2階にダイニング、3階はサロンとしても機能する3階建ての本施設を旧食堂棟と同位置に建替える計画である。
老朽化、手狭なスペース、古びたイメージなどの諸問題を一気に解決すべく新たな学園としてのイメージを一新するにふさわしい施設整備を行った。
緑豊かな学園であるとともに、魅力ある居心地の良い豊かな環境を形成するため、学園の伝統であるGREEN(グリーン:学園の神木であるクスの木の葉)とGLOBAL(グローバル:大学の理念であるグローバルマインドを地球の地軸の傾きである23.4度の傾きで表現)の2つのGをモチーフとして計画している。
プロデューサー学校法人大阪国際学園 理事長 奥田吾朗
ディレクター株式会社安井建築設計事務所 川原村勝幸、影林督諭
デザイナー建築設計 株式会社安井建築設計事務所 影林督諭+サイングラフィックデザイン 株式会社エイト 西澤明洋
大阪府守口市藤田町6-173他のデザインについて外観計画は緑あふれる学園の伝統を継承して屋上緑化や壁面緑化を行い、さらにリーフ(木の葉)形状のグラフィックサインで建物全体を包み込む手法をとっています。
それは内部へ連続し、西門からピロティ、食堂内部、そしてEVホールから階段、トイレ、照明、衝突防止にいたるまでリーフサインと傾きサインを徹底し、デザイン統一を図っています。
結果としてこの施設全体を大きな大学のヴィジュアルサインとして機能させています。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項緑あふれる環境を外部・内部ともにアピールできる建物とすること。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応マイベストシートとなる居心地の良い・快適で魅力ある居場所を各階で計画すること。
大阪府守口市藤田町6-173他をもっと見る・購入 楽天市場で大阪府守口市藤田町6-173他を探す

amazonで大阪府守口市藤田町6-173他を探す

Yahoo!ショッピングで大阪府守口市藤田町6-173他を探す

Yahoo!オークションで大阪府守口市藤田町6-173他を探す
オフィシャルサイト http://www.oiu.ac.jp/oiei/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
土木・環境整備・地域開発・都市デザインの人気グッドデザイン