茨城県つくば市吾妻1-11-1

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ライトオンつくばビル

土木・環境整備・地域開発・都市デザイン

株式会社久米設計(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

カジュアル衣料の小売店を全国展開する企業の本社ビルである。

低層部には店舗を有している。

レンガ素材で全国の店舗のデザインコードが統一されているため、本社も同様にレンガ素材で覆うことが要求された。

低層部の店舗は、開口部を最小限に留めたレンガ積みであり、上階のオフィスは平行四辺形状のテラコッタルーバーで覆われており、素材の統一がうまくなされている。

レンガ積み等の高度な技術が企業イメージ創出に直結した高品質建築である。

茨城県つくば市吾妻1-11-1の概要つくば駅前に位置する、カジュアル衣料の小売企業であるライトオンの本店・本社ビル。
外周全面をレンガ積みとテラコッタルーバーで覆ったモノリシックなファサードで存在を示し、夜間には透かし積みのレンガやルーバーの隙間から漏れる光により綾織りのような軽やかな表情に一変させ、衣料品小売企業の個性を表現する。
これは同時に、駅前の喧騒から内部空間を守るとともに日射負荷の低減を担っている。
オフィスは、吹抜けのある商談室・打合室などのコミュニケーション部分がデスクワーク部分を囲むロの字型の構成となっており、快適で活発なワークスタイルを促すオフィスデザインとなっている。
ディレクター株式会社久米設計 建築設計部 部長 安東直
デザイナー株式会社久米設計 建築設計部 部長 安東直、上席主査 野原啓司、主査 小野田環
茨城県つくば市吾妻1-11-1のデザインについて急成長しているカジュアル衣料小売りの企業「ライトオン」。
その企業個性と成長するエネルギーを顕在化させたデザインを指向した。
即ちレンガを「織り上げた」ファサードにより企業個性をあらわし、素材が持つ圧倒的な「存在感」に企業エネルギーを代弁させた。
全身にまとった赤銅色の「覆い」は、研究学園都市に相応しい端正な姿を示すと共に、コマーシャルな機能を硬質な景観の中に溶け込ませる柔らかな「ラッピング」である。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項企業アイデンティティを捉えた外装デザインの構築。
斬新的、個性的であると共に、周辺環境にも配慮した長寿的なデザインの実現。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応オフィス規模が平屋であった旧社屋の約2倍となる計画の中において、一体感のある執務環境を如何に実現するか。
茨城県つくば市吾妻1-11-1をもっと見る・購入 楽天市場で茨城県つくば市吾妻1-11-1を探す

amazonで茨城県つくば市吾妻1-11-1を探す

Yahoo!ショッピングで茨城県つくば市吾妻1-11-1を探す

Yahoo!オークションで茨城県つくば市吾妻1-11-1を探す
オフィシャルサイト http://www.right-on.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
土木・環境整備・地域開発・都市デザインの人気グッドデザイン