リリーフ住宅

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

未来の住宅価値創造

ビジネスモデルのデザイン

株式会社アキュラホーム

グッドデザイン賞

われわれの仕事や生活の形態が激変している中で、従来は常識であった、人生の特定の時期になったら家を建てて住む、といった単線的な構造が崩壊しつつある。

家族構成も変化している。

そこで、使っていない或は旧家の土地に負担の少ない住宅を建てて賃貸等で社会的に「流動」させたり、後に増築したりといった長期的視野で可変することを前提にした「自由度を持った住宅」というビジネスモデルが「リリーフ」というコンセプトと共に評価された。

リリーフ住宅の概要世帯数減少による空き家の増加が社会問題である。
その存在理由は親が苦労して残した家の使い方を決めかねているとか、住む予定は無いが故郷を捨てきれないとか様々である。
更地としない原因は固定資産税の増加や思い出の詰まった家財の存在である。
その結果、家は荒れ犯罪の温床となり街のコミュニティー崩壊に繋がる。
次の決定に至るまでの間、『心のかりおき』となる建物がリリーフ住宅である。
増改築が容易な金物工法でリリーフ時には貸家として使用し安い賃料で若い家族を応援する。
その後計画が決定したら、その内容に応じた家に変身させる。
家を持つ人、良好な環境で安く住む人、その地域に住む人、全ての人の心に充足を与える家である。
プロデューサー株式会社アキュラホーム 代表取締役社長 宮沢俊哉
ディレクター株式会社アキュラホーム 執行役員 商品開発部長 井草健二
デザイナー株式会社アキュラホーム 商品開発部 商品開発課 課長 田湖博
リリーフ住宅のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
年収低下で市街地の狭いアパート暮らしを余儀なくされる若い子育て世代の家庭に対し、良好な住環境が整った郊外でのびのびと子育てが行えること。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
借家経営するわけではない、家賃は仮に建てた小さな家の借金の返済程度で良い。
一部荒廃が始まっているがまだまだ良好な住環境に非常に安価な家賃で暮らせることはそこに住まう借家人にとって経済的負担は少ない。
さらに太陽光発電装置を付けることで住む人貸す人双方に金銭的恩恵を与えることができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
今まで家を建て続けてきた結果が現在の分譲地の状況を作り出している。
今後さらにこの状況は悪化していく。
住宅を供給するものとして増えて行く空き家の活用方法や人口減少により荒廃するコミュニティーに対し、持続可能な事業を提案しなければならない。
当企画は決定的なものではないが、朽ちて行くのを待つだけの現状に対し、それに歯止めをかけ、新たな家族を引込み街に活気を与える新たなビジネスの形である。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
家は人が住むことを辞めると途端に朽ちる速度を増す。
又街も空き家が増えることでその環境を悪化させる。
老人世帯や空き家が多くなった街を老人が夜警する時代が現実化している。
小さくても良質の家が有り、そこに若い活気ある家族がいてくれるだけで地域の空気は変わる。
ユーザー・社会に伝えたいこと親の想いが詰まった家や家族の楽しい思い出の家財や今の自分を作ってくれた故郷が大切なことは判っているが、現在の家族や仕事で精いっぱいの自分にはどうしようもできない。
先延ばししかない自分の心の中にはぽっかりと空いた穴が有る。
その穴を埋め、少しだけでも前に進めることができたら次のステップも見えるかもしれない。
この家はそんな心の穴を少し埋めることができる家である。
リリーフ住宅をもっと見る・購入 楽天市場でリリーフ住宅を探す

amazonでリリーフ住宅を探す

Yahoo!ショッピングでリリーフ住宅を探す

Yahoo!オークションでリリーフ住宅を探す
オフィシャルサイト http://www.aqura.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン