18号館

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

立教大学 ロイドホール

公共用途の建築物・空間

学校法人立教学院

グッドデザイン賞

大学のキャンパスの中に建つ中央図書館である。

四隅のコアによって支えられた無柱の大空間は、本の集積を体感できるダイナミックなもので、潔い。

ともすると大雑把な印象になってしまうメガストラクチャだが、床のPC板の柔らかな曲面と小さく分節されたスケール感がその印象を払拭しており、さらにそこを照らす柔らかな光、レンガの暖かみのある仕上げなどが相まって、読書に相応しい落ち着いた空間ができあがっている。

18号館 の概要ロイドホールは立教大学池袋キャンパスに建つ、収蔵冊数200万冊、閲覧席数1520席の大学中央図書館を内包する建物である。
基準階は約50m×55mの正形とし、四隅にコアを集約配置することで構造的制約のない閲覧空間とした。
最大スパン14.6mのプレキャストコンクリート床板により構成し、このPCの形状を構造的合理性のある凸型とすることで、これにより生じた端部の谷形状のスペースを床下ダクトスペースとして利用、全館床吹空調とした。
天井は特徴的な船底型のPCを表した意匠とした。
意匠・構造・設備の三位一体の建築計画により生まれた、快適な図書館空間は、日々多くの学生たちで賑わっている。
プロデューサー立教学院 総務部副部長 鈴木良彦/総務部施設課 課長補佐 餅田忠
ディレクター日建設計 設計部門代表 山崎隆盛
デザイナー日建設計 設計部 主管 原田由紀、設計部 木村太一
18号館 のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
地下1階から地上3階に積層する閲覧室を繋ぐ吹抜けには、緩やかな階段とシースルーエレベーターを配置した。
各階それぞれ性格の異なる閲覧室を眺めながら、学生は好みの学習スタイルを選び取ることができる。
ガラス張りのグループ閲覧室は見る見られるの相互作用を生み、学生の学習意欲を高めている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
既存建物との接続部にあたる2層吹き抜けのホールは「ラーニング・スクウェア」と呼ばれ、テーブルを自由に移動しながらグループで学習することができる。
移動式のホワイトボード、300台の貸出パソコンが用意され、学生は思い思いのスタイルでアクティブに学習することができる
「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
特徴的な船底型のPC床板は、構造的合理性のある上に凸の形状をしている。
端部の谷形状のスペースをダクトスペースとし、4隅にある機械室から空調ダクトを展開した。
PC床板のピッチは1650㎜とし書架のピッチと合わせ荷重点にPCリブを配置した合理的な計画とした。
14.6mのスパンを約900㎜のリブせいで持たせ、さらに天井をPC表しとすることで、豊かな閲覧空間を実現した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
地下ピットには「クール・ヒートトレンチ」を配置、外気をピットを通して導入することで、年中安定した地中の温度により外気を予熱(予冷)し、空調負荷低減に活用している。
2層吹き抜けのラーニング・スクウェアの屋根PCはr型形状とし、ハイサイドライトからの自然光を取り込むと同時に、太陽熱集熱ダクトを組み込んでおり、冬期の空調負荷の低減に貢献している。
また図書館全館中央制御による自然換気システムを採用した。
ユーザー・社会に伝えたいこと立教大学池袋キャンパスは、大正時代に建てられた煉瓦造の校舎群が今も大切に保存・活用されている緑豊かな空間です。
100年もの間、学生や教職員に愛され、大切にされてきた建物は、今も現役で美しく佇み、錆びれることがありません。
建築に求められる役割が複雑となる中で、ロイドホールが次の100年を担い、多くの学生に活用されることを祈ります。
どこで購入できるか、どこで見られるか立教大学池袋キャンパス、立教大学、立教大学池袋図書館 Googleマップ ストリートビュー
18号館 をもっと見る・購入 楽天市場で18号館 を探す

amazonで18号館 を探す

Yahoo!ショッピングで18号館 を探す

Yahoo!オークションで18号館 を探す
オフィシャルサイト http://www.rikkyo.ac.jp/research/library/central/?topic=1

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン