製粉ミュージアム

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

企業ミュージアム

商業・産業用途の建築物・空間

株式会社日清製粉グループ本社 、清水建設株式会社

グッドデザイン賞

老舗食品会社の発祥の地に建つ企業ミュージアムである。

歴史的洋風木造を忠実に再現し、創設時の意匠を免震構造を採用することによって実現した。

企業の歴史だけではなく、小麦の製粉の歴史なども展示し、教育施設としての役割も果たしている。

歴史的建造物の本館と対比的にデザインされたレンガと木を用いたシンプルな新館は、日本庭園の景色をうまく取り込んだ静かな品のある意匠となっており、高く評価された。

製粉ミュージアムの概要『歴史的建築・庭園の保存・再生・継承』「製粉ミュージアム」は品位と寬ぎあるおもてなしで、企業文化・小麦文化の奥深い世界へと誘う施設である。
歴史的洋風木造である本館は、建築の形状、仕様を創建当時のまま残すため、免震構造を採用した。
本館が日清製粉の歴史・伝統の展示のための施設で、新館は小麦の製粉の昔と今、そして未来を知って、感じてもらうための施設である。
庭を望むホワイエ、ガイダンス等を行うプレゼンルーム、メインの展示室、収蔵展示室等で構成している。
歴史的建物である本館と日本庭園の「三光の庭」を主に考え、新館は静かな建築を意図し、レンガタイルや木の素材感を生かしたシンプルな空間とした。
プロデューサー株式会社日清製粉グループ本社
ディレクター清水建設株式会社 設計本部 鈴木健夫
デザイナー清水建設株式会社 設計本部 鈴木健夫、関 雅也、佐藤 剛、柿澤英之
製粉ミュージアムのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
歴史的建築や日本庭園が持つ寬ぎ感や、自然素材によるやさしさを感じさせるゆったりすごせる空間づくりを行った。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
子どもたちのためのワークショップの企画や、学習と遊びが一体となった参加型の展示とした。
既存の桜やキンモクセイ等を活かし、四季を通じて楽しめるお庭づくりを行った。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
企業のCSR活動の一つのとして、日清製粉という一企業の歴史を通じて、日本の近代・現代を今に伝える貴重なコンテンツとしてのミュージアムの新しいあり方を提示している。
一方、地域との連携としての公園的位置付けも重要なコンセプトである。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
館林駅西口に隣接した緑地空間として、市民に憩いの場を提供すると同時に、館林市の観光資源としての役割も大きい。
環境面でも屋上緑化や省エネ化の工夫を図っている。
ユーザー・社会に伝えたいこと製粉の歴史と現在についての展示や、歴史的木造建築と庭園の再生を通じて、先人の英知の重さと、それを受け止め、私たちの知恵と経験を積み重ねてゆくことの大切さを、感じていただければ幸いです。
どこで購入できるか、どこで見られるか群馬県館林市栄町6-1、製粉ミュージアム
製粉ミュージアムをもっと見る・購入 楽天市場で製粉ミュージアムを探す

amazonで製粉ミュージアムを探す

Yahoo!ショッピングで製粉ミュージアムを探す

Yahoo!オークションで製粉ミュージアムを探す
オフィシャルサイト http://www.nisshin.com/museum/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
商業・産業用途の建築物・空間の人気グッドデザイン