Ai-Village

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

研修センター

商業・産業用途の建築物・空間

株式会社プランテック総合計画事務所

グッドデザイン賞

ランドスケープと一体になった折り紙のような屋根に覆われた研修棟、そして極めてシンプルな宿泊棟が相互に向かい合うことで、美しい風景とともに、敷地全体に実に多様な場が生み出されている。

様々な場での偶発的なコミュニケーションを育むことが何よりも大切な「研修」という場において、空間がそれを見事に支えている好例である。

Ai-Villageの概要曙ブレーキグループが目指している「真のグローバリゼーション」にふさわしい人財を創出するための研修センター。
国籍、言語、教育、習慣などの違いによる様々な価値観を持った社員がお互いの違いを認めて良さを融合させることを目的としている。
中庭を囲むように研修棟と宿泊棟を配置し、交流のための縁側空間を設けるプランとした。
それにより多様なアクティビティ(触れる・学ぶ・考える・伝える)を演出し、新しい発想や創造性を育める環境を実現した。
研修棟は、内包する大中小の研修室の必要な大きさに応じて折紙の様な多面体の屋根として構成されており、その稜線によって非日常的な内部空間がつくられている。
プロデューサー曙ブレーキ工業株式会社
ディレクター株式会社プランテック総合計画事務所
デザイナー株式会社プランテック総合計画事務所
Ai-Villageのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
中庭を囲う縁側空間には明るい自然光が降り注ぎ、適度な通風を感じることが出来る。
どのエリアからも中庭へアクセスすることが出来き、多様なアクティビティを演出する。
研修棟のプレゼンテーションルームも中庭に対して大きな開口を設けており、その様子は中庭を通して施設全体から感じることが出来る。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
研修と宿泊の2つの機能を、近接させながらも明確に切り分けるプラン・デザインとした。
「ON」の研修棟の生活空間はモノトーンの色調で構成され、屋根の稜線による非日常的な空間が研修員の創造性を刺激する。
対して、「OFF」の宿泊棟は木や石などの素材感による落ち着いた色調で構成し、コミュニティリビングなどリラックスした空間をつくっている。
それらの変化により、1日の生活に変化・メリハリを提供している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
ブレーキメーカーである曙ブレーキ工業は羽生地区全体をAi-City として、各地区に分散していた機能の集約・効率化を実現している。
本社・開発・製造の各機能のほか「モノづくりセンター」「ブレーキ博物館」の教育・PR機能を有しており、そこに人づくりの発信地として研修・宿泊機能が加わることで人財育成の機能を充実させ、グローバルにブレーキ産業を発展させるためのモデルを作り、その産業の活性化が期待される。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
既存樹木はすべて残す配置計画とし、敷地の約30%を緑地として確保するなど敷地全体を活かした緑化活動に努めた。
深い庇やルーバーを設けることで日射を制御し、自然通風を利用することで施設全体に風が抜ける計画とし中間期の冷房負荷を低減させている。
太陽光発電システムや太陽熱温水器などによる自然エネルギーを活用している。
また、水生植物のムジナモや蛍の育成など地域の生物多様性への取り組みを推進している。
ユーザー・社会に伝えたいこと研修棟は、折紙のような多面体の屋根により構成されており、大地を隆起させたような外観になっている。
内外の要素から導きだされたその形状は、見る角度によって全く違う印象を与える。
国籍、言語、教育、習慣などの違いによる、様々な価値観を持った社員にとって、それぞれが受ける印象も全く違うかもしれない。
そういった違いを共有し、共感することで新しい発想や創造性を生むきっかけとなればと良いと願う。
どこで購入できるか、どこで見られるか埼玉県羽生市東5丁目
Ai-Villageをもっと見る・購入 楽天市場でAi-Villageを探す

amazonでAi-Villageを探す

Yahoo!ショッピングでAi-Villageを探す

Yahoo!オークションでAi-Villageを探す
オフィシャルサイト http://www.plantec.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
商業・産業用途の建築物・空間の人気グッドデザイン