北海道エリア仕様i-cube

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

高気密高断熱住宅

住宅や住宅設備

株式会社一条工務店

グッドデザイン賞

北海道における徹底した高気密高断熱住宅の試みである。

住宅におけるサステイナブル・デザインの普及にともなって、冬の環境がもっとも厳しい北海道においてこそ、シェルターの高性能化と、活動的で省エネの床暖房が住宅の標準仕様となることが必要である。

断熱性能における換気条件の重要性を含めて、本件のようなプロトティピカルな試みが、次のステップを先導することになるだろう。

北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartの概要極寒、多雪気候の北海道エリア向けの最も厳しい札幌市のトップランナー基準「熱損失係数0.5W/㎡・K」以下を満たした、断熱材や窓、換気システムなど、すべての性能を追求した、快適かつ環境負荷が少なく経済的な生活を叶える、コストパフォーマンスの高い省エネ住宅です。
プロデューサー株式会社一条工務店 設計・購買グループ 古田 昌弘
ディレクター株式会社一条工務店 業務部 松浦 哲也
デザイナー株式会社一条工務店 設計・購買グループ 高橋 亮一
北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
寒さの厳しい真冬の北海道であっても、家中の温度差がほとんどない空間を実現できるため、身体に負担が少なく健康的に暮らすことが可能です。
また、気密・断熱性が高い住宅だからこそ実現できる「全館床暖房」を標準装備しているため、冬場の浴室で多く発生するヒートショックを軽減するなど、乳幼児からご高齢の方まで安心して暮らしを提供します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
建物の気密・断熱性能を高めることで、少ないエネルギーで温度管理が可能なため、冷暖房コストの負担を抑えることができます。
また、冬場においては、暖房機器を全館床暖房だけで賄えるため、設置型暖房機器などを置く必要がなく、室内空間の有効ば利用と快適な住環境の実現します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
地中熱を利用する全熱交換換気システムにより、換気システムに要する電力負荷を抑えることができ、その社会普及は、北海道地域全体の冬季電力負荷を抑えることができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
札幌版次世代住宅が規定する省エネ基準(熱損失係数 0.5W/㎡・K以下、相当隙間面積 0.5㎠/㎡以下)を満たす住宅を広く普及させることで、北海道に代表される極寒地域においても、家庭での暖房エネルギー消費量の大幅な削減を可能とし、環境負荷低減に貢献します。
ユーザー・社会に伝えたいこと-
北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartをもっと見る・購入 楽天市場で北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartを探す

amazonで北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartを探す

Yahoo!ショッピングで北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartを探す

Yahoo!オークションで北海道エリア仕様i-cube/北海道エリア仕様i-smartを探す
オフィシャルサイト http://www.ichijo.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン