バリオクッキングセンター マルチフィシェンシー

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

業務用加熱調理機器

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

株式会社フジマック

グッドデザイン賞

当応募対象は、茹でる、炒める、焼く、煮る、揚げる、圧力調理を一台で行うことができる業務用加熱調理器である。

少量多品種の調理にはFVCC112、大量調理にはFVCC211、311が目的に合わせてシリーズ化されているが、コントロールユニットを共通化しているため、ニーズに合わせてデザイン展開可能な柔軟性を予感させる。

中でもFVCC112は、コントロールユニットの左右に二つのパンを装備しており、複数の調理を効率良く行える工夫が感じられた。

パンを電動でティルトアップする機能や、パンを清掃するためのハンドシャワーの装備もあり、調理者の作業軽減への配慮もある。

ステンレス製の筐体は精度感や剛性感もあり、柔軟性、効率性、清潔性、安全性が強く求められる業務用加熱調理機として高品質なデザインを実現している。

バリオクッキングセンター マルチフィシェンシーの概要茹でる、焼く、炒める、煮る、揚げる、さらに圧力調理、一台ですべて可能にする業務用加熱調理機器。
機能特性として高速加熱、均一加熱、高柔軟性、インテリジェンス、クリーン&セーフティ。
対象別に3シリーズの機種構成。
プロデューサーラインハルト バスムス 熊谷 勇人
ディレクターマルクス リンゲンハイル
デザイナーマルクス リンゲンハイル
バリオクッキングセンター マルチフィシェンシーのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
大量調理を効率的に行える操作部・パン・蓋・給排水などの効果的配置、多目的な調理を分かりやすく操作できるコントロールパネル、安全で衛生的な各部位の形状が、作業者の負担を軽減する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
高効率、高柔軟、インテリジェンス、安全で衛生的な新しい調理機器が、調理人にオリジナルメニュー開発など新たな時間を提供する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
1台で多様な調理を可能にしたことによる、調理機器の削減、調理スペースの有効利用、経営コストの削減。
この機器のデザイン、存在感が厨房のインテリアをいっそう引き立て、魅せる厨房を実現。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
高速加熱・高速調理によるエネルギーの削減、均一加熱による食材ロスの低減。
ユーザー・社会に伝えたいこと様々な画期的調理機能とともに、このバリオクッキングセンターが厨房に入ることにより、このデザイン、存在が厨房のインテリアをいっそう引き立てることでしょう。
どこで購入できるか、どこで見られるか株式会社フジマック 麻布ショールーム・埼玉ショールーム、株式会社フジマック 話題の製品
バリオクッキングセンター マルチフィシェンシーをもっと見る・購入 楽天市場でバリオクッキングセンター マルチフィシェンシーを探す

amazonでバリオクッキングセンター マルチフィシェンシーを探す

Yahoo!ショッピングでバリオクッキングセンター マルチフィシェンシーを探す

Yahoo!オークションでバリオクッキングセンター マルチフィシェンシーを探す
オフィシャルサイト http://www.fujimak.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン