オムロン スポットチェックモニタ Colin T105

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

生体情報モニタ

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

オムロンヘルスケア株式会社(京都府)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

病室を巡回する看護師さんの手の甲に文字が書かれているのを見たことがあるが、今は患者情報が記録されている大きなパソコンと、血圧計などの小道具をカートに載せて巡回している姿が見られる。

本生体情報モニタと電子カルテを併用することにより、日々の巡回はよりスマートになりデータ入力のミスも防ぐことができるため、看護業務の効率化を図ることができる。

傾斜した操作パネルは、入力時や確認時に不自然な姿勢を要求されず、操作の確実性を高めてくれる。

モニタ画面の角度を変えることができれば、患者からのデータ確認にも対応し易くなると思うのだが。

オムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sの概要入院患者の毎日の生体情報(血圧・脈拍・動脈血中酸素飽和度・体温)を患者ごとに巡回しながら測定する装置。
バッテリーの内蔵により、使用中はAC電源を供給する必要が無くスムーズに巡回できる。
測定データは自動的に内部メモリに格納されるため、電子カルテシステムと組み合わせれば手書きによる転記も必要ない。
近年看護師の不足が社会問題となっているが、本製品の使用により、これまで手動でおこなっていた測定と転記の時間が短縮でき、看護業務の効率化を実現することができる。
プロデューサーオムロン ヘルスケア株式会社 商品事業統轄部 モニタ事業部 部長 巻田茂
ディレクターオムロン ヘルスケア株式会社 商品事業統轄部 デザイン部 部長 小池禎
デザイナー株式会社シィクリエイティブ  重野貴、クリエイティブエンジニア 安達和也
オムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sのデザインについてユーザーである医師や看護士が求める「合理性、機能感、プロっぽさ」と、被ユーザーである患者やその家族が求める「優しさ、親しみやすさ」。
これらの両立と具体化を心がけた。
また、さまざまな状況が想定される現場での操作性を考慮し、新しい画面角度やスイッチレイアウトを提案。
本機の使用により業務効率が向上し、それによって確保された時間が患者とのコミュニケーションに充当されればと思う。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項病院内を巡回しながらおこなうスポットチェックを主な目的とした機種である為、架台に乗せた状態での使いやすさを追求し、40度という操作パネル角度を導いた。
また内照する操作ボタンやアラームのサインなど、光による操作性の向上を検討した。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応病院で使用された製品はマニュフェスト伝票により、廃棄業者が適切に処理する。
本製品には鉛蓄電池を使用しているが、廃棄時、容易に取り外せる設計になっているため、環境に対する影響は最小限に抑えることができる。
日常考えられる落下・衝撃によって商品が故障することがないよう、社内基準を設けて耐久性試験をおこなっている。
オムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sをもっと見る・購入 楽天市場でオムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sを探す

amazonでオムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sを探す

Yahoo!ショッピングでオムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sを探す

Yahoo!オークションでオムロン スポットチェックモニタ Colin T105/ T105Sを探す
オフィシャルサイト http://www.healthcare.omron.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン