デジタル超音波診断装置 Noblus

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

汎用超音波画像診断装置

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

日立アロカメディカル株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

可搬性の高い超音波画像診断装置である。

機器の設置場所や使用方法が多様化するため、収納性と操作性を両立させることを開発目標としている。

デスクトップへの設置を考慮し、操作パネルを跳ね上げることで検査後の机上スペースを広く使うことができるようにしたことは、長年音波画像診断装置の開発を続けてきて使用される現場を良く知っている同社ならではのアイデアと言えよう。

また本体のみでなく、台車などのオプション類も可搬型機種を考慮して新たにデザインするなど周辺部のきめ細やかな配慮も高い評価を得た。

デジタル超音波診断装置 Noblusの概要さまざまな検査スタイルや被検者の体格差および検査部位に迅速に対応することができる可搬型の小型超音波画像診断装置。
可搬型となったことで機器の設置場所や使用方法はさらに多様化する。
そのため液晶部、操作パネル部、ベース部からなる従来にはない3部品構成とし、収納性と操作性を両立させた。
操作パネルを跳ね上げる独特の収納スタイルで、検査後の机上スペースを確保する。
液晶の旋回・チルト機構により、検査者と被検者の身体的負担を軽減する。
また台車を使用すれば、通常の立位・座位の検査にも対応する。
超音波診断には欠かせない探触子をベース部に固定する追加部品など、可搬型ならではの使い勝手に対応するオプション類も充実。
プロデューサー日立アロカメディカル株式会社 第二メディカルシステム技術本部 栗山欽治
ディレクター株式会社日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 二ノ宮篤
デザイナー株式会社日立製作所 デザイン本部 主任 二ノ宮篤、柳瀬和幸、横山仁、宇佐見勝己
デジタル超音波診断装置 Noblusの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
消費電力節減はもちろん院内インフラ全体の利用効率化を図ることで、サステナブル社会へ貢献する。
そのために、小型ながらも高度な画像処理、操作負担を軽減するアプリケーションを実現し、正確で迅速な診断をサポート。
被検者1人あたりの診察時間、検査画像からの診断時間の短縮によりスループットを向上させた。
また、本体の小型化および軽量化により、運搬効率の向上と同時に成型材の使用量縮減にもつながっている。
デジタル超音波診断装置 Noblusのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
本体や台車サイズをなるべく小さくし、また液晶を旋回・チルトさせられることで検査画面のみに意識を集中できるようにした。
妊産婦が寝たままの姿勢から液晶を見やすいように、また子どもにも安心感を与えられるように圧迫感のない形状、部品配置としている。
ボタン照明においても暗室での長時間作業や1型色覚、2型色覚の検査者に配慮した配色となっている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
超音波診断は被検者の負担を軽減した検査方法として利用されている。
体内組織を画像化するだけでなく、硬さの違いを画像化する技術で乳がん検診を行える。
従来のマンモグラフィ検査に比べ、身体的負担も少なく被ばくもない。
また持ち運び可能となり、検査室だけでなく院内の移動回診、さらには往診や屋外など、検査の場が広がる。
場所の面からも精神面からも、日常生活に近い環境での検査を提供できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
小型ながら従来機と同様の高画質、高度な画像処理、アプリケーション機能を実現している。
組織の硬さの違いをリアルタイムで表示する技術も搭載し、診断をより高度な次元でサポートする。
近年では乳腺領域だけでなく甲状腺、前立腺、肝臓、皮膚、整形、膵臓等の領域でも研究が行われ、有用性が報告されている。
場所も診断領域も選ばず対応できるため、超音波の活用分野を広げる機器となっている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
病床の不足は社会的にも大きな問題であり、診察室や病棟は病床数の確保のため、作業環境が狭くなる傾向がある。
被検者の検査ポジションを確保する上で、サイズや取り回しのよさに配慮しているため、さまざまな検査環境に対応できる。
高画質化技術により、検査者と被検者双方の信頼感・安心感を向上させ、よりスムーズな検査環境を提供する。
さまざまな場所で検査が可能となり、病院内はもとより、地域医療に貢献することができる。
ユーザー・社会に伝えたいこと病院環境における表面化しづらい問題を発見し、その解決案としてのデザインをしたいと考えている。
スムーズな診断をサポートし、被検者への身体的及び精神的負担を軽減させるように考慮し、筐体や可動部を設計した。
デザインを意識させることなく、検査者に使いやすさを、被検者にさらなる安心感を与えられることを目標とした。
デジタル超音波診断装置 Noblusをもっと見る・購入 楽天市場でデジタル超音波診断装置 Noblusを探す

amazonでデジタル超音波診断装置 Noblusを探す

Yahoo!ショッピングでデジタル超音波診断装置 Noblusを探す

Yahoo!オークションでデジタル超音波診断装置 Noblusを探す
オフィシャルサイト http://www.hitachi-aloka.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン