木和美【LCCM】

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

工務店がつくる木の家

ビジネスモデルのデザイン

株式会社アキュラホーム (東京都)

グッドデザイン賞

地域の気候風土、地域独自の文化性など、地域の工務店のもつ経験値やノウハウを強みとして活かしつつ、しかし、現代の住宅に要求される最新の技術的・工学的スペックなど、どちらかと言えば、地域の工務店では対応が難しい部分を、補完するシステムを提供してる。

また、家を建てた後のサポート体制もしっかりと構築しようとしているように思われる。

競合関係にあると思われる住宅建築の業界にあって、地域特性・文化と最新技術・情報をコラボレートさせることで、共存・共栄をはかり、同時に、ユーザー視点での取り組みを実現させている。

伝統的な家の建て方をいかに継承させるかということに着目しつつ、数値的根拠をしっかりとバックアップする姿勢が評価できる。

木和美【LCCM】の概要地域の気候風土に適しその地域の伝統を受継ぐ家を造れるのは地元工務店である。
しかし、現在はQ値C値、LCCMやHEMS等家づくりはさらに難解なものとなり、それに対応出来ず廃業や大手の下請けにならざるを得ない工務店も多い。
この木和美はエネルギーや温熱等工務店対応が難しい部分をルール化し、今後日本で建てる家としての性能を確保しつつ、地元工務店が得意とする地域の気候風土に合っていて、伝統文化を継承しながら、地域コミュニティーをも持続出来る家づくりに専念可能な仕組みを持つ住宅である。
性能はLCCM実現の為に地域産材使用比率等を定め、長期優良住宅、創エネルギー機器の導入などエネルギー収支はゼロである。
プロデューサー株式会社アキュラホーム 代表取締役社長 宮沢 俊哉
ディレクター株式会社アキュラホーム 商品開発部長 橋本 浩二郎
デザイナー株式会社アキュラホーム 商品開発部 デザイン室 課長 田湖 博、担当課長 竹澤 真吾
木和美【LCCM】の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
建設段階に於いて、地域産材の活用や分散型の既存建材流通網を活用することで、輸送エネルギーの低減を行う。
生活段階では次世代省エネ基準の断熱性能は当然で、さらにその地域の気候風土を利用し、風の流れや日射など自然エネルギーの活用でエアコンを動かすための化石燃料や原子力に由来するエネルギー消費を極力抑えている。
太陽光発電装置等、創エネルギー機器を備えることでゼロエネルギー住宅を実現している。
木和美【LCCM】のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
夏涼しく冬温かい快適な断熱性能とされる次世代省エネ基準をベースに、その地域の風の流れや日射を取り込むことで、住む人の好みに応じた様々な快適さをつくり出すことが可能である。
地域産材の積極活用により、集成化に必要な接着剤の使用を極力排除し、良好な空気による室内環境も作り出している。
自然の木の風合いに包まれた室内空間はシックハウス予防だけでなく住む人の心の健康にも貢献できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
住む人のライフスタイルやライフステージの変化に機敏に対応出来るスケルトン&インフィル設計と、移設再利用が容易なオリジナル建材で性能的に長く住み続けられる家である。
また経年では定期点検や部品部材の長期保有ルールを整備し、地域の家守りとして長く使用できる環境つくりにも力を入れている。
さらに国産材を使用した内装は、新建材より手入の手間は掛かるが、経年変化によって住む人の家への愛着はさらに深いものとなる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
産業は生態系と同様に一種でも欠けると崩壊する。
地元工務店の衰弱で地域産材の使用減少は価格下落を招き、更には生産地の山が荒れ土砂災害の原因にもなる。
工務店の得意分野を伸ばし不得意分野をフォローすることで、住宅メーカーでは難しい地域に合った家づくりをし、地域家守り機能の中心となり地域産業に活力を与えることが可能である。
その経済波及効果は大手住宅メーカーと異なり地域の幅広い業種に環流させることが出来る。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
工務店のシェアは54%と意外に多いが、総じてエネルギー関連への対応は遅い。
工務店の建てる家にしっかりとした数値的根拠を持った断熱性能や省エネルギー技術を普及する事で増加し続ける民生エネルギー低減に貢献出来る。
また工務店はデザイン面でも遅れている。
以前より当社が推進するデザインコードを取り込むことで、地域のまちづくりに貢献する住宅建設が可能である。
当然国産材活用によるCo2吸着源の拡大にも貢献する。
ユーザー・社会に伝えたいこと馴染みの無い数値や基準があたかもバイブルのように語られ、必要以上の情報が氾濫する中、快適な家づくりに対して本来必要なものは、その地域に根差した伝統と経験である。
決して基準は間違いではないが全てでも無い。
その基準を達成し、その地域本来の感性から来る地域特性を取入れることが、快適な住空間をつくる第一歩と考える。
そのことを地元工務店が実践し活性化する環境をつくり上げるために、この企画を立案した。
木和美【LCCM】をもっと見る・購入 楽天市場で木和美【LCCM】を探す

amazonで木和美【LCCM】を探す

Yahoo!ショッピングで木和美【LCCM】を探す

Yahoo!オークションで木和美【LCCM】を探す
オフィシャルサイト http://www.aqura.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ビジネスモデルのデザインの人気グッドデザイン