QRU

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

カップリング

生産、加工、流通に関する用品と機器設備

アサ電子工業株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

回転力を伝達するカップリングである。

カップリングの歴史は古く、形状的には機能上の約束事から・完成の 域に達している機構部品と言っても良い。

この製品の過去のグッドデザインを取得した商品と異なる点は、ダイカスト製法の特性をフルに生かし、可能な限り切屑を削減し軽量化を実現したところである。

最少径を金型で 作り大きな径を切削で広げていた作り方を、金型に交換中子を採用、切屑の少量化を徹底するなど、細かな工夫を 随所に取り入れながら、ダイカストの肌が美しい品質感の高い機械部品として完成させた。

QRUシリーズの概要回転軸を連結するカップリングは、回転エネルギーを伝達する為のメカニカル部品です。
応募品となるQRUシリーズは、これまでのカップリングに比べて材料と加工工程の無駄を抑える設計を主旨として、開発されました。
従来は二次加工として切削を行っていた軸締付(クランピング)の為のすり割り(スリット)部分と、中間部品(クッション)との当り面の仕上げを金型設計に取り入れ、加工工数と削り屑の削減を図っています。
また設計上必要性の薄い部分を肉逃げ凹みにすることで、軽量化にも挑戦しました。
プロデューサーアサ電子工業株式会社 代表取締役 社長 麻幸啓
QRUシリーズの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
カップリングは実用的な機械要素部品で、流行と縁遠い製品です。
それでも性能やスタイル・コストなどで各使用分野ごとに競い合う部分があります。
応募品のQRUシリーズは、精密ダイカストと高いクッション性で安定した性能と、優れた経済性を目指しました。
この技術は日本国内での特許取得を済ませ、今後の製品開発に応用していくことで継続した環境対策品を社会に提供しうると考えております。
QRUシリーズのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
ダイカスト製法により通常より更に多くの鋳肌面を残し、見た目にも柔らかい外観印象を与える事が出来ました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
本製品は産業機械に組み込まれて利用されるものではありますが、これを使って出来上がった製品が生活を豊かにするものと考えております。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
QRUシリーズの開発では、グリーン設計の手法を高めれば高めるほどに地球環境に優しくなり、産業の視点から見ても製作コストが抑えられて、製品価格を下げても企業利益が増すことを実感できました。
これからの日本のモノづくりを守る手段として、価値(性能)/コストを高めるようなデザインを行う努力が必要です。
今回の製品開発で、日本の産業への貢献になると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
応募品はダイカスト型に必要な機構を組み込み、材料の無駄を大幅に抑えています。
加工工数を減らしたことで、加工機械を使う時間も短縮できました。
今後この設計のノウハウが、社会・環境の観点から省資源・低コスト・低公害の見本例として提供できます。
ユーザー・社会に伝えたいこと遥か昔、ドイツで開発されたROTEXタイプのカップリングが今も通用しているクッション型の元祖であり、当時のグッドデザインのお手本といえます。
そこで現代のクッションタイプカップリングはどうあるべきか、をテーマに開発したのがQRUシリーズです。
ROTEXの加工性優先から、使用時の実用性能本位のクッション形状と切削屑最少化へ視点をシフトし、グッドデザインを心掛けました。
どこで購入できるか、どこで見られるかHP上にて公開、直販も商社を挟んでの取引も可。
東京・大阪の機械系展示会にも出展。
アサ電子工業株式会社
QRUシリーズをもっと見る・購入 楽天市場でQRUシリーズを探す

amazonでQRUシリーズを探す

Yahoo!ショッピングでQRUシリーズを探す

Yahoo!オークションでQRUシリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.asadenshi.co.jp/images/pdf/news_QRU.pdf

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
生産、加工、流通に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン