マーケットスピード FX

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

外国為替証拠金取引 トレーディングツール

ソフトウェアのデザイン

楽天証券株式会社 (東京都)

グッドデザイン賞

さまざまな利用者が予想されるツールにおいて、初心者から高度な機能を使いこなしたいプロフェッショナルユーザーまで、すべてのユーザーに向けて使いやすさを実現していることを高く評価した。

正にユーザーセンタードデザインのコンセプトをしっかりと実現したソフトウェアと言えよう。

UIのグラフィックレベルが非常に高いことが大きな特徴である。

また、それだけでなく直感的にレイアウトをカスタマイズできる点や、複数ディスプレイへの対応なども非常によく考えられたデザインである。

マーケットスピード FXの概要マーケットスピードFXは世界最速の処理速度を目指して開発された個人向けFXトレーディングツールです。
1999年より愛され続けているマーケットスピードの数々のノウハウやお客様からの声に加え、開発コンセプトにUCDやUX Designなどの各種手法を導入して使い勝手や使い心地を徹底的に強化しました。
その結果、プロフェッショナルユーザーには道具としての情報量・高速性・操作性・信頼性を高次元で融合させつつ、ビギナーユーザーでも戸惑うことなく使い始められるユーザーインターフェースを実現しました。
プロデューサー楽天証券株式会社 マーケティング本部 FX事業部 小林勉、山岸元紀、編成部 水田英樹
ディレクター楽天株式会社 編成部 グループ編成課 サイトディレクショングループ 藤原由翼
デザイナーSharkLab. 野田剛史
マーケットスピード FXの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
マーケットスピードを愛して長くご利用いただいているお客様にも気に入っていただけるように、マーケットスピードのユーザーインターフェースに対する学習効果をマーケットスピードFXにも適用しました。
また、10年は利用され続けることを見越し、バージョンアップや機能追加による改善を継続的に行える仕組みを導入しています。
マーケットスピード FXのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
UCDプロセスの導入により、インタビュー法・ヒューリスティック評価・アイトラッキングなどの分析結果を元に対象ユーザーのニーズや課題を理解し、シンプルで必要な機能にアクセスしやすいUIを実現しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
マーケットスピードFXならプロの機関投資家と同等のスピードと情報を誰でも無料で手にすることができます。
また、レート生成の仕組を自社開発することで、お客様にとってメリットの大きい低スプレッド(低コスト)や高い約定率の実現が可能となりました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
「輸出産業」を中心に多大な影響を受ける為替の変動を、マーケットスピードFXを通じて多くの市場参加者に加わっていただくことで、より透明かつ安定的な価格形成の一助となります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
楽天証券は、楽天グループのネット証券会社として、日本の投資家を元気にすることを使命とします。
お客様からの信頼が最大の価値であると認識し、常にお客様の立場を発想の原点とした質の高い仕事を心がけ、最良かつ革新的な投資サービスの提供に努めてきました。
マーケットスピードFXもこういった観点のもとに誕生し、FXのトレード環境がより快適なものになりました。
ユーザー・社会に伝えたいこと貿易立国である日本の投資家にとって、為替市場の値動きは重要な投資判断材料であり、為替そのものを取引対象とするFXサービスにおいては、迅速な判断とそれを反映させる高速・堅牢なトレーディングツールが必須アイテムとなります。
マーケットスピードFXでは、これらの課題をデザイン面から探究し、多くの皆さまに体感いただけるよう、当社に口座をお持ちでない方でもお試しいただけるサービスとしました。
どこで購入できるか、どこで見られるかインターネット楽天証券
マーケットスピード FXをもっと見る・購入 楽天市場でマーケットスピード FXを探す

amazonでマーケットスピード FXを探す

Yahoo!ショッピングでマーケットスピード FXを探す

Yahoo!オークションでマーケットスピード FXを探す
オフィシャルサイト http://www.rakuten-sec.co.jp/

関連するグッドデザイン

製薬企業向け 営業支援ツールの写真

Sen

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
ソフトウェアのデザインの人気グッドデザイン