ファインレジデンス氷川台

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ファインレジデンス氷川台

住宅や住宅設備

京阪電鉄不動産 (東京都)

グッドデザイン賞

東京郊外に建つ集合住宅である。

手すりのついたバルコニーが連なり、開口部についても両引き戸という風景が今までの一般的なマンションのイメージであった。

ここで提案されているファサードはこの既存のイメージから全く異なる。

風景を切り取るような大型ピクチャーウィンドウと通風を考慮した黄色いルーバーを持つファサードが、新しい風景の創出に成功している。

内部においてもこの開口部から得られる大きな空とシンプルな梁の出ないインテリア空間も秀逸である。

景観性、機能性共に高い品質を持つ集合住宅として高く評価された。

ファインレジデンス氷川台の概要住宅地に建つ低層(4層)のレジデンス 開口部に注力し、個性的なファサードと内部空間の美しさと快適性を追求した。
プロデューサー京阪電鉄不動産 首都圏事業部
ディレクター京阪電鉄不動産:志村哲哉、長谷川雄亮
デザイナー竹中工務店 池田達、田村望
ファインレジデンス氷川台の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
エアールーバーの採用により、プライバシーと通風の両立をはかり、省エネルギーに貢献した。
ファインレジデンス氷川台のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
エアールーバーによるプライバシーと通風の両立
「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
住宅内部(LD)の梁型を排除しフラットな天井とし、大型ピクチャーウィンドウで整形で開放感ある内部空間を提供した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
画一的なデザインからの脱却
「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
エアールーバーと大型ピクチャーウィンドウによる外観構成は周辺環境にインパクトを与えている。
ユーザー・社会に伝えたいこと通常のマンションにありがちなバルコニーや開口部形態ではなく、住宅内部から風景を切り取るような大型ピクチャーウィンドウを採用した。
梁型のでない内部空間構成にも拘った。
機能性を持たせたルーバーが外観上のアクセントとなるように計画し、周辺環境にインパクトを与えた。
装飾や素材で質を高める以前に、空間構成と機能美で魅力ある建築物を実現した事例。
どこで購入できるか、どこで見られるか現地
ファインレジデンス氷川台をもっと見る・購入 楽天市場でファインレジデンス氷川台を探す

amazonでファインレジデンス氷川台を探す

Yahoo!ショッピングでファインレジデンス氷川台を探す

Yahoo!オークションでファインレジデンス氷川台を探す
オフィシャルサイト http://www.keihan-kiss.co.jp/company/outline/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン