ウッドリバー type HINOKI

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

装飾素材・部材

住宅や住宅設備

高津川ウッディ・クラフト有限責任事業組合 (島根県)

グッドデザイン賞

桧の赤黄味がかった明るい木地色と柾目、固すぎず柔らかすぎない桧の感触と温かい印象。

美しく品格を感じる素材になっている。

小径材の桧を大口径木材に匹敵する美しい集成材に仕上げることで、環境や産業や地域にも貢献しているところも高く評価した。

ウッドリバー type HINOKIの概要杉の柾目材を集成加工した板(2011年G賞受賞「ウッドリバー」)の「桧タイプ」で新しい表現をした。
森林過程で大量に生じる小径材の桧を、大口径木材の柾目使いに匹敵する綺麗な集成材にしたことで、利用価値の高い素材に仕上げた。
用途は、家具、建具素材、壁面材やパーティションなどである。
清流日本一になった高津川の流域材を生かし、触れる、香るなどを体感させる。
この製品を通じて、衰退している林業の再生、地域産業の発展や自然環境の維持に貢献したい。
プロデューサー有限会社平和木工 代表取締役 洗川武史
ディレクター京都精華大学PD学科教授 井上斌策
デザイナー高津川ウッデイ・クラフト有限責任事業組合 会長 洗川武史
ウッドリバー type HINOKIの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
高津川流域材そのものを生かし、触れる、香るなどの癒しの空間を演出するのがこの製品の特徴である。
目的として、衰退している林業の再生により、地域産業の発展や清流を育んだ森林の管理により自然環境の維持に貢献することである。
ウッドリバー type HINOKIのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
高津川流域材そのものを生かし、触れる、香るなどの癒しの空間を演出するのがこの製品の特徴である。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
自然素材をそのまま使用しているため、木が持っている特徴として触れる、香るなどを体感することによって癒しの空間が出来上がり、快適な住まい環境が提供できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
清流の水を育んだ高津川流域材の価格の低迷により林業者・木材加工業者・木工所の後継者激減の歯止めがかかることと、後継者の増加に一躍担う。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
衰退している林業の再生により、地域産業の発展や清流を育んだ森林の管理により自然環境の維持に貢献することである。
ユーザー・社会に伝えたいこと自然素材をそのまま使用しているため、木が持っている特徴として触れる、香るなどを体感することができる。
それによって癒しの空間が出来上がり、快適な住まい環境が提供できる。
木は『生きている』ということ実感しながら、自然環境をこの製品で体感してほしい。
どこで購入できるか、どこで見られるか高津川ウッデイ・クラフト有限責任事業組合
ウッドリバー type HINOKIをもっと見る・購入 楽天市場でウッドリバー type HINOKIを探す

amazonでウッドリバー type HINOKIを探す

Yahoo!ショッピングでウッドリバー type HINOKIを探す

Yahoo!オークションでウッドリバー type HINOKIを探す
オフィシャルサイト http://www.heiwa-mokkou.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン