メディエア

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

床ずれ防止車椅子用 エアーセルクッション

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

横浜ゴム株式会社(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

これまで解決できなかった床ずれ防止という機能を医療との共同開発で性能を実証出来る商品としてまとめ上げた点で高く評価する。

特に自動制御のエアーセルは独特のリブ構造になっており、そのリブによって柔らかさと押し上げる強さを両立させるなど、繊細な配慮が行き届いた設計になっている。

今後この分野のデザインをリードして行く存在となるだろう。

メディエアの概要車椅子に長時間座り続ける時、臀部の骨の周りの筋肉、皮膚にかかる負担が、時として床ずれを起します。
体圧分散に最適なエアーセル空気圧の調整とその膨縮を自動制御することで臀部特定部位の負担軽減と適度な刺激を発現することで床ずれを防止する商品です。
プロデューサー横浜ゴム株式会社 工業資材事業部 事業部長 西浦 俊彦
ディレクター東京大学大学院医学系研究科 教授 真田 弘美+横浜ゴム株式会社 研究本部NT開発室 室長 海老沼 利光
デザイナー東京芸術大学美術学部デザイン科 准教授 長濱 雅彦、教育研究助手 大西 景太+有限会社長濱デザインオフィス 手塚 章子 
メディエアのデザインについて介護の質の向上を図ることは、生活してゆく喜びの実現のために欠かすことができない大きな課題です。
車椅子にできるだけ長時間座ることで、寝たきり生活からの回避をする試みがされています。
車椅子の利用者が約150万人もいると言われており、その中でも脊髄損傷の方々は約15万人もおられます。
車椅子に座る長時間の生活でも、床ずれを発生させないことが不可欠であり、これを解決する商品を提供してゆきたい。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項介護の現実は、介護する側もされる側も一歩間違えるとその先は地獄です。
このクッションが、介護のつらい心を癒し大きな苦しみを避けることに少しでも役立つよう、視覚や触覚的印象には特に留意しました。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応特に摩擦や荷重を繰り返し受ける部品は、使い方によっては、製品の寿命が異なります。
部品を交換することで製品寿命を長くする設計にしました。
1日に、16時間の使用と長時間の想定で、約5年の利用ができる製品にするために、特にエアーポンプは部品寿命が長いパーツを選定しています。
また、商品を廃棄する際には、材質毎に分別しやすいような組立構造にしてあります。
メディエアをもっと見る・購入 楽天市場でメディエアを探す

amazonでメディエアを探す

Yahoo!ショッピングでメディエアを探す

Yahoo!オークションでメディエアを探す
オフィシャルサイト http://www.yrc.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン