ジムナストミニ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

携帯まくら

雑貨・生活用品

株式会社Kitamura Japan (愛知県)

グッドデザイン賞

深夜バス、LCC(飛行機)といった低コストでの移動が可能な現代にあって、ニーズが増えそうな枕である。

形状もさることながら、裏面の滑り止めが使用者にとって使い勝手が良いデザインになっている。

形状もお豆のような自然な曲線を採用し好感が持てる。

ジムナストミニの概要安眠を持ち運ぶというコンセプトで開発。
長時間の移動(バス、電車、飛行機)において、腰部や頸部を安定的に支えることができる。
特に熱のこもりやすい身体の部分に密着して使われるため、通気性に優れている。
汚れればカバーと本体を取り外し、いずれも丸洗いできる。
底面に強力な滑り止め機能を持たせることで、常に同じ部位にフィットし、動かずサポートし続ける。
気軽に持ち運べるよう携帯性にも優れている。
プロデューサーまくらのキタムラ 北村圭介
ディレクターまくらのキタムラ 北村圭介、谷合俊明、中京大学宮川ゼミ一同
デザイナースタジオディテイルズ 服部友厚
ジムナストミニの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
カバーと本体を取り外せて丸洗いができれば、衛生的に使い続けられる。
中身の素材には、エラストマーなど耐久性の高い素材が好ましい。
携帯ポーチもセットにすれば、使い捨てではなく、愛着を持って長く大切に使ってもらうことが可能になると考えた。
ジムナストミニのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
腰や首への負担を最小限にするため、ジムナストミニは簡単にズレたりせず、さらに蒸れにくく、快適な長距離移動を提供できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
カバンの僅かな隙間に収まることで常に携帯できて、使用時も大げさでなく、あくまでさりげなく気軽に使用することができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
生産はすべて日本国内にて行っている。
国内のモノづくり発展に寄与する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
開発は中京大学との産学連携での取り組みであり、1年間、学生と密となって仮説立てから、試作作り、WEB制作、販売までを一貫して共同開発した。
彼らには主に、市場調査と試作のモニタリング、イベントでの販売、SNSやプレスリリースによる情報発信を担当してもらい、実践と同じ感覚を養うことができた。
ユーザー・社会に伝えたいこと長時間の移動で、身体の疲れを感じたことはありませんか?ジムナストミニは、身体にフィットしやすいフォルムと厳選された上質な素材が使われていて、負担のかかる腰や首をサポートし続けます。
バックにも入るコンパクトサイズで、汚れたら丸洗いもできます。
そして何より、今までにない究極の心地よさを追求した、新しい携帯まくらなのです。
どこで購入できるか、どこで見られるか東急ハンズ名古屋店、キタムラジャパンオンラインストアキタムラジャパンオンラインストアまくらのキタムラ×中京大学まくらのキタムラ
ジムナストミニをもっと見る・購入 楽天市場でジムナストミニを探す

amazonでジムナストミニを探す

Yahoo!ショッピングでジムナストミニを探す

Yahoo!オークションでジムナストミニを探す
オフィシャルサイト http://www.kabu-kitamura.com/chukyo/kp-item/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
雑貨・生活用品の人気グッドデザイン