移動型蓄電池

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

社会貢献活動のデザイン

株式会社デンソー(愛知県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

製品開発には時に緊急に対応する事が求められる製品もある。

特に非常用製品は何時いかなる場合にオーダーがあるか分からない。

対象製品は震災後に企画されたものである。

幅広い販売ネットワークと知識人からのから意見を吸い上げ設計を行いスペックを決定して、意匠までをスピーディーにまとめあげた点が評価が高い。

デザインの構成としてスタッキング式にした点は評価が高く状況をよくシミレーションしデザインとしてまとめあげている。

移動型蓄電池の概要リチウムイオンを使った充電可能な移動型蓄電池(蓄電容量70Wh)。
車のシガーソケットや家庭用電源に接続ができ、30〜45分で充電が完了する。
出力は家庭用コンセント出力(AC100V正弦波)、シガーソケット出力(DC12V)、USB出力(オプション)、となっており、スマートフォンや、ラップトップPCなどのモバイル機器や、非常時の照明機器などに使用できる。
プロデューサー株式会社デンソー空調冷熱事業部
ディレクター株式会社デンソー デザイン室 春田登紀雄
デザイナー株式会社デンソー デザイン室 折笠弦
移動型蓄電池の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
車に既存する発電機を利用し、移動時に充電し、バッテリー本体も移動できるというユーティリティーを提供することで、電力の備蓄といった次世代のニーズに応えている。
移動型蓄電池のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
本機は、通信機器に必要な電力が備蓄できる移動型のバッテリーです。
今回の震災で、非難所に停車しているハイブリット車のバッテリーから、スマートフォンなどの携帯機器に給電する姿を見て、情報化社会を生きる人々にとって、通信機器は、ライフラインと同等の価値があると考えている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
有事下でのエネルギーの入手経路を確保することで、深刻な災害においての生活の基盤を守ることが可能になる。
携帯電話などの情報機器への充電により、ネットワークに繋がるという安心感を醸成できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
震災を機に、自然エネルギーへの回帰を始めとしたエネルギー改革が予測され、その不安定な供給のために今後特にバッテリーの重要性が注目される。
その普及のための第一歩として新しい市場でのパイロット製品としての役割を果たす。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
未曾有の大震災が引き起こした生活者の意識変化は、震災用品の概念を大きく変えるものであり、長期に渡りかつ被災地だけでない広範囲の電力供給の混乱(いまだ解決するものでなく、今後年単位で続くと考えられる)に対する災害時社会インフラへの非常用電源を供給可能とする
ユーザー・社会に伝えたいこと震災によっていまだにインフラの完全に復旧しない土地での、復興活動などにおける電力需要に応えたい。
また、有事下でのエネルギーの確保という役割を担い、日常を過ごす人へ備えと安心を提供したい。
移動型蓄電池をもっと見る・購入 楽天市場で移動型蓄電池を探す

amazonで移動型蓄電池を探す

Yahoo!ショッピングで移動型蓄電池を探す

Yahoo!オークションで移動型蓄電池を探す
オフィシャルサイト http://www.denso.co.jp/ja/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
社会貢献活動のデザインの人気グッドデザイン