名和晃平-シンセシス

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

東京都現代美術館企画展

パブリックコミュニケーションのデザイン

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

美術展の広報には紙媒体が有効なのは、実物を実際に見たいと思う願望と紙を手にとる触覚性が相似しているからであろうか。

本作も紙媒体の使い方が非常に効果的である。

取り扱っている現代美術作品のエッジ感や疾走感と同調し、個々の制作物の作業レベルの高さも去ることながら、展覧会に訪れる人の行動と心理を理解した全体の構成力に力を発揮している。

名和晃平-シンセシスの概要先鋭的な表現を展開する彫刻家・名和晃平(1975年生)の個展。
ビーズやプリズム、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど流動的な素材・メディアを情報社会の感覚・思考のメタファーとして扱い、身体と知覚、感性のリアリティの表現としてBEADS/PRISM/LIQUID/GLUE/SCUM/DRAWINGなど12の空間を創出し、音楽やファッション、プロダクト・工学領域とのコラボ、パブリックアートや、渋谷西武・アニエスベー・BEAMS・スワロフスキ―・ゆず全国ツアー等との連携を通して、展示照明/インタラクション/展示支援/広報出版/企画連携など総合的なデザイン展開をポスト震災の現代美術領域で実現した。
プロデューサー森山朋絵(キュレーター・東京都現代美術館企画係主任 学芸員)
ディレクター名和晃平(彫刻家・SANDWICH代表)
デザイナー豊永政史(グラフィック・SANDWICH GRAPHIC)
名和晃平-シンセシスの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
芸術領域がライフライン・福祉や医療に比べて軽視されることのないよう、新世代の創り手による新たな創造活動が広く発信・共有されることが必要である。
心の豊かさが得られるだけでなく、企業との協働による新領域・技術の開拓、クラウドソーシングという新しいプロジェクトマネジメントデザイン、次世代照明の活用等による省電力デザインについて実現できるということを、すぐれたアーティストの個展の成果としてアピールできた。
名和晃平-シンセシスのデザインについてデザインについて実現できるということを、すぐれたアーティストの個展の成果としてアピールできた。
ユーザー・社会に伝えたいこと今世紀に入り、メディアテクノロジーによる表現領域は隆盛を見せ、社会への発信/アイデア外在化のためのデザインツールとして力を発揮しつつある。
ポスト震災の現在美術領域に展開する創作活動として、新たな技術や豊かな発想による提案を実現するプラットフォームとしての本展で試みた、展示照明/インタラクション/展示支援/広報出版/企画連携などの総合的なデザイン展開を共有・活用してほしい。
どこで購入できるか、どこで見られるか東京都現代美術館 企画展示室B2F・アトリウム・1Fホワイエ(2011年8月28日まで)
名和晃平-シンセシスをもっと見る・購入 楽天市場で名和晃平-シンセシスを探す

amazonで名和晃平-シンセシスを探す

Yahoo!ショッピングで名和晃平-シンセシスを探す

Yahoo!オークションで名和晃平-シンセシスを探す
オフィシャルサイト http://www.mot-art-museum.jp/koheinawa/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パブリックコミュニケーションのデザインの人気グッドデザイン