マジョリカ マジョルカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

マジョリカ マジョルカ

パッケージデザイン

株式会社資生堂(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

嗜好性の強い世界観のもと、常に新しいことをしながらブランドの鮮度を保ち続けている。

アンティークテイストをベースにした装飾性の高いデザインで、シンプルとは逆のベクトルであるが、ブランディングとしてのレベルは高い。

細部へのこだわりなども洗練されていて魅力的である。

マジョリカ マジョルカの概要10代〜20代前半の女性をメインターゲットとしたメーキャップブランド、マジョリカ マジョルカの化粧品。
女性の変身願望や、妄想癖、かわいらしいものに対する愛着を形にするブランド、それがマジョリカ マジョルカである。
プロデューサー株式会社 資生堂 マス・マステージブランドユニット 石原聡子
ディレクター株式会社 資生堂 宣伝制作部 金澤正人 株式会社 資生堂 宣伝制作部 信藤洋二
デザイナー株式会社 資生堂 宣伝制作部 近藤香織 株式会社 資生堂 宣伝制作部 徳久綾美 株式会社 資生堂 宣伝制作部 松石翠
マジョリカ マジョルカの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
工業製品でありながら、手が込んでいる感じや、大切に作られていることを感じられるデザインにしている。
無駄の無い設計でありながらも、細かい細工や、グラフィックにこだわり、女性の気持ちの高揚につながるようなデザインにしている。
マジョリカ マジョルカのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
メイクをするときの女性の気分の高揚。
所持することによる、楽しさや嬉しさ。
デコラティブでありながら、使い勝手の良さや、持ち運びのし易さも考えられている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
メイクをするときの女性の気分の高揚。
所持することによる、楽しさや嬉しさ。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
細かい形状や精度の高い印刷を実現するために、お取引先様に努力頂き、結果、印刷技術や成形技術の向上につながっている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
紙パレット等、少ない資材を使いながらも、グラフィカルな処理をすることで、楽しい商品が出来ている。
ユーザー・社会に伝えたいこと女性がメイクをする行為は、メンタルな部分と非常に深く結びついているものである。
メイクをする瞬間それが素敵な外装につつまれていたら、気持ちがぱっと明るくなるものである。
使い易さだけでなく、装飾的なデザインは人を幸せにする力を持っている。
使って頂く方に、幸せな気持ちになって頂く為に、マジョリカ マジョルカでは、ひとつひとつ、丁寧にデザインをしている。
どこで購入できるか、どこで見られるかドラッグストア
マジョリカ マジョルカをもっと見る・購入 楽天市場でマジョリカ マジョルカを探す

amazonでマジョリカ マジョルカを探す

Yahoo!ショッピングでマジョリカ マジョルカを探す

Yahoo!オークションでマジョリカ マジョルカを探す
オフィシャルサイト http://www.shiseido.co.jp/mj/index.html

関連するグッドデザイン

化粧品の写真

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
パッケージデザインの人気グッドデザイン