大島海洋体験施設 うみんぐ大島

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

新設港の防波堤、遊歩道(海上歩道橋)、釣り浮桟橋、トイレ他、

土木・環境整備・地域開発・都市デザイン

福岡大学(工学部社会デザイン工学科 景観まちづくり研究室)(福岡県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

既存防波堤の外海側を利用し、水産資源を活かした海洋体験施設の整備である。

防波堤は人々の生命を守るものである。

しかし日常的にその風景がどう見えるか、あるいは地域住民に対しどう使われるかは、これからの海洋土木構造物に対する命題である。

構造上なかなかデザインが難しい防波堤周辺に対し、専門的技術を生かしながら、来訪者や地域住民にとって楽しく憩いを感じる場を創り出す事に果敢にチャレンジしている点を評価したい。

大島海洋体験施設 うみんぐ大島の概要本施設は、福岡県宗像市大島の離島振興を目指す地域再生計画の一環として整備され、釣り機能を有した防波堤、浮桟橋、さらにこれに繋がる海上遊歩道、トイレなどがデザインされている。
大島に広がる透明な海と景観、豊富な魚介類に恵まれた自然環境を生かし、釣り体験やシーカヤック、海中や磯の観察、魚さばき教室など、家族連れのレジャーや小中高校など幅広い年代の環境教育の場として利用されている。
計画当初の原案では配慮が十分でなかった海への眺めと後背地の地形を考慮し、施設の全てが景観設計と構造物自体のデザイン検討によって提案されている。
プロデューサー福岡県(北九州県土整備事務所 河川砂防課砂防港湾係)、財団法人福岡県建設技術情報センター(営繕指導課)、宗像市役所(産業振興部商工観光課)
ディレクター柴田 久(福岡大学工学部准教授), 島谷幸宏(九州大学大学院工学研究院教授)
デザイナー柴田 久(福岡大学准教授),福岡大学景観まちづくり研究室(石橋知也、坂口浩昭、松尾健史、岩佐潔則、豊福晃弘、小野紘平、福永佳代子), 三洋コンサルタント(構造設計), 三島設計事務所(トイレ構造設計)
大島海洋体験施設 うみんぐ大島の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
当初、遊歩道横の浜辺はコンクリート製の段差が大部分を占める予定であったが、最終案では天然の磯場と浜辺をできる限り残し、周辺で採取された自然石によって緩やかな傾斜を設ける案に変更された。
また施工途中、堤防施工時の仮設埋め立て道路を利用した歩道設置案が浮上し、磯場の大部分が消失する可能性があったのに対して、背後の地形を考慮した曲線的な海上歩道橋の線形案によってこれを回避、磯場の環境が守られた。
大島海洋体験施設 うみんぐ大島のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
当初の原案に対し、海洋土木構造物の圧迫感を軽減するため、ヒューマンスケールを意識した丸みのある柔らかいデザイン案へと抜本的修正がなされた。
さらに施設全ての設計において海が見える視線の高さを常に考慮し、施設内各エリアには釣りや磯遊び、シーカヤックといった利用者同士の「見る見られる」の関係性がある。
広がる海の景色と共に利用者の活動景を楽しむ視線を重視した憩いと賑わいの場が創出されている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
大島島民の多くは漁業を営み、その経験を活かした釣り指南や魚さばき教室など、施設運営を通した島外の人々とのコミュニケーションの場が創出されている。
人口減少や漁業の衰退が問題視される大島において、来訪者との新たなつながりは、島民の生活にやり甲斐と自信を与えるきっかけを提供している。
離島振興と活性化を目指した本施設の、ハードだけでないソフトの成果といえる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
島の豊かな自然の恵を活かした海洋体験を主軸に、家族連れのレジャーや小中高校など幅広い年代の環境教育の場として利用されている。
離島振興策としての本施設の誕生によって、フェリー客等も増加し、活性化の拠点となっている。
また本施設の従業員はほとんどが島民であり、新たな雇用促進にも繋がっている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
原案では遊歩道横の浜辺はコンクリート護岸の予定であったが、天然の磯場と浜辺をできる限り残し、石積みによるスロープと階段護岸へとデザインの修正がなされた。
さらに計画の途中、堤防施工時の仮設埋め立て道路を利用した歩道設置案が浮上し、磯場の大部分が消失する可能性があったのに対して、背後の地形を考慮した曲線的な海上歩道橋の線形案によってこれを回避、磯場の環境が守られた。
ユーザー・社会に伝えたいこと離島振興を目指す施設計画に対して、単に観光活動のできるハード整備という観点でなく、本来、島が持つ景観の美しさや自然環境の豊かさに配慮したデザインの大切さを伝えたい。
ゴツゴツとした印象や圧迫感が懸念される海洋土木構造物の存在を、デザインの工夫によって楽しさと憩いのある、愛される場所にしていく不断の努力が、今後の公共事業には求められる。
どこで購入できるか、どこで見られるか福岡県宗像市大島1822番地4
大島海洋体験施設 うみんぐ大島をもっと見る・購入 楽天市場で大島海洋体験施設 うみんぐ大島を探す

amazonで大島海洋体験施設 うみんぐ大島を探す

Yahoo!ショッピングで大島海洋体験施設 うみんぐ大島を探す

Yahoo!オークションで大島海洋体験施設 うみんぐ大島を探す
オフィシャルサイト http://wwwtec2.tl.fukuoka-u.ac.jp/~tc/keikan/uming_photo.pdf

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
土木・環境整備・地域開発・都市デザインの人気グッドデザイン