IRC FORMULA PRO TUBELESS

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

自転車タイヤ

乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品

井上ゴム工業株式会社(愛知県)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

自転車用タイヤとしてチューブレスを実現させた姿勢が良い。

チューブを用いずにエアを保持する構造をシンプルに実現させている点で、高い耐久性と信頼性が期待できそうだ。

IRC FORMULA PRO TUBELESSの概要ロードレーサー用チューブレスタイヤ。
タイヤ内面に一体成型されたエアシール層及び専用リムにてエア保持をする。
チューブ入りタイヤ及びチューブラータイヤと比較して20%程度転がり抵抗を抑制。
タイヤと一体成型されたエアシール層とリム部で保持されるエアは従来のチューブと比較してエアの自然漏洩が小さく、低圧走行によるトラブルの回避、エア充填頻度の軽減に貢献。
走行時に異物貫通によるパンクが発生した際、通常のチューブ入りタイヤ及びチューブラータイヤは瞬時に内圧を失うがエアシール層がタイヤと一体成型されたチューブレスタイヤは微小漏れによるスローパンクに留まるケースが殆んどで転倒等の危険発生率を大幅に抑制できる。
プロデューサー井上ゴム工業株式会社 タイヤ事業部 タイヤ事業部長 宇佐美一久
ディレクター井上ゴム工業株式会社 タイヤ事業部 国内営業課 富澤浩二
デザイナー株式会社東北イノアック 若柳工場 タイヤ開発課 山田浩志
IRC FORMULA PRO TUBELESSのデザインについて心身の健康志向が探求される時代に、スポーツ自転車はユーザー枠を拡大しており、特にロードレーサーはその開放されたスピード感から人気が高まっている。
ロードレーサーは通常のチューブ入りタイヤ或いはリムにタイヤを貼り付けるチューブラータイヤが一般的だが、安全性、メンテナンス性に優れ、転がり抵抗が小さくスムーズな走行が可能になるチューブレスタイヤを広く普及させることでユーザーの心身の健康維持に貢献したい。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項ユーザーによるホイールへの組み付けを容易にするためにすべりの良いゴム配合を開発しビード部に使用した。
これにより耐圧性を落とすことなく作業性を向上させることが可能となった。
また自転車タイヤとしては新しい取り組みであるトレッドウェアーインジケーターは不明確であったロードレーサー用タイヤの交換時期を明確に示し、ユーザーの安全の確保に繋がると期待している。
IRC FORMULA PRO TUBELESSをもっと見る・購入 楽天市場でIRC FORMULA PRO TUBELESSを探す

amazonでIRC FORMULA PRO TUBELESSを探す

Yahoo!ショッピングでIRC FORMULA PRO TUBELESSを探す

Yahoo!オークションでIRC FORMULA PRO TUBELESSを探す
オフィシャルサイト http://irc-tire.com

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品の人気グッドデザイン