SR-X

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

フィッシング ボート

運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器

ヤマハ発動機株式会社(静岡県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

徹底したスペース効率の追求やデッキレイアウトから、一回り大きな荷室を確保しているのが巧みだ。

エクステリアデザインは、釣り船で効果を発揮する最適な艇体構造により静止時の乗り心地向上、風流れ抑止性能など、様々な要求機能をスクウェアバウとハル側面への立体構成により高次元で調整していることがわかる。

高剛性ながら軽量化を図り、効率的に走行可能な船型を採用。

多様なレジャーに対応した機能性の表現として、ハイコントラストな船体の濃淡が、大胆でダイナミックなイメージを創り出しているのもうまい。

SR-Xの概要既存の小型フィッシングボートの概念を覆す斬新なコンセプトを持ち、機能と性能を高次元に融合させたボート。
長時間のクルージングでも疲れにくい快適性と優れた走行性能を実現した高剛性ボディやスペース効率を追及したデッキレイアウトや大容量ラゲージルーム(カディ)を実現し、フィッシングシーンで効果を発揮する静止乗り心地性、風流れ抑止性能など、様々な要求機能を高次元でバランスさせました。
これらの機能と性能を包み込んだエクステリアデザインは、アーマー(甲冑)をモチーフに、独創的なイメージを創り出している。
すべてに拘った「Extreme(エクストリーム)」という名の「新化」を遂げたボートそれが「SR-X」です。
プロデューサーヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部ボート事業部 事業部長 足立 雅人
ディレクターヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部ボート事業部 舟艇製品開発部 デザイン統括 主査 薄 雅弘
デザイナーヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部ボート事業部 舟艇製品開発部 デザイン統括 主査 薄 雅弘
SR-Xの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
小さな19フィートのボートながら、一回り大きな21フィートのボートの機能&収納スペースと、さらに大きな23フィートのボートの走行性能を有し、ダウンサイジングを実現した。
SR-Xのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
前後G・上下G・横揺れ等の乗り心地と走行性能を大幅低減し、身体に感じる衝撃が少なく疲労感の低減と、徹底したスペース効率の追求により2クラス大きなボートに匹敵する収納等のファンクションを顧客へ提供。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
求め易く判り易い価格(乗り出し価格表示)とし、多くのユーザーが気軽にマリンライフが楽しめるように低価格を追求。
また、ストイックなフィッシングのみならずファミリークルージングや潮干狩り等に、マルチプルにマリンライフを楽しめるスタイリングとファンクションを提供。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
搭載馬力レンジを50馬力から115馬力までと幅広く設定しながらも、同一構造で艇体強度が確保出来るよう最適化を図り、工場でのライン生産効率のUPに貢献。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
新理論(非対象曲げ理論)を取り入れ、FRP基本積層を薄くしながら必要部位のみの増厚を追加する構造様式を採用し、最適な艇体構造を徹底的に突き詰め軽量化を図りつつ、化石燃料をベースとする材料の低減を図った。
さらに低馬力でも効率的に走行可能な船型を採用し、低燃費化による環境性能を実現。
ユーザー・社会に伝えたいこと昨今、ボートオーナーの高年齢化に拍車が掛かる一方、各地で開催される「ゲームフィッシング大会」などは、若いオーナーや同乗者が多く、アクティブな「ルアーフィッシング」が定着しつつあります。
SR-Xは、「ゲームフィッシングを手軽に楽しむ」「若年層を中心に家族・仲間で集ってマリンスポーツを楽しむ」をコンセプトに、若年層が注目する新世代的なデザインとファンクションをコンパクトなボディに凝縮しました。
どこで購入できるか、どこで見られるかヤマハマリンセンター横浜、その他ヤマハボート取扱い販売店
SR-Xをもっと見る・購入 楽天市場でSR-Xを探す

amazonでSR-Xを探す

Yahoo!ショッピングでSR-Xを探す

Yahoo!オークションでSR-Xを探す
オフィシャルサイト http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2011/0617/sr-x.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器の人気グッドデザイン