シャッターガード

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

シャッターガード

家具・インテリア用品

株式会社沢田防災技研(鳥取県)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

一定の条件のもとで効果を期待できる適切なソリューションである。

シャッターガードの概要台風などによる強風によってあおられ破壊することを防ぐためのシャッター専用の防災機器としては世界初である。
強風によってシャッターが破壊されたという事故がしばしば報告されているが、それを防止する手段としてはこれまで、シャッターにどうにか木材を固定し補強する、といったような方法だった。
しかし、この方法は設置および撤去に手間がかかり面倒である。
そこで本製品は簡単に設置でき、しっかりシャッターを補強できることに重点をおいて開発を行った。
シャッターレール間の幅に応じ全長を調節できる機構や、シャッターに傷が入りにくいようにアンカー部を樹脂製にするなど、ユーザビリティーも意識した製品とした。
プロデューサー株式会社沢田防災技研 代表取締役 沢田克也
ディレクター株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役 村田智明
デザイナー株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役 村田智明
シャッターガードのデザインについて世界の災害被害額の15%が日本であるという事実がある。
台風などによる軽量シャッターの破損事故が多発している状況の中、災害を教訓に暴風を事前回避し、シャッターを守る防災機器をデザインした。
まず、簡便にシャッターに設置が可能であること、また、シャッターレールに本製品を固定する際に、シャッター側にキズが入りにくい様、アンカー部を樹脂製とした。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項シャッター板とシャッターレールの隙間に、製品のアンカー部分を差し込むように伸ばし固定・設置する機構とすることで、難しい操作が無く少ないアクションで設置でき、しっかりとシャッターを補助する様に考慮した。
また、アンカー部分はシャッターの隙間に差し込みやすく、且つ、ちゃんと設置できるような形状を模索した。
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応製品本体部分はアルミニウムを使用した。
鉄鋼とくらべ強度に劣るものの軽量なので、シャッターに設置する際に製品を保持する必要のある本製品には適当と判断したためである。
また表面をアルマイト加工することでサビによる劣化を抑え、製品寿命を長くする配慮をした。
製品寿命を全うした際にも、アルミニウムはリサイクル性の高い素材である。
シャッターガードをもっと見る・購入 楽天市場でシャッターガードを探す

amazonでシャッターガードを探す

Yahoo!ショッピングでシャッターガードを探す

Yahoo!オークションでシャッターガードを探す
オフィシャルサイト http://www.sawada-guard.com

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン