MDR-EX1000

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ヘッドフォン

オーディオビジュアル機器

ソニー株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

移動中のリスニングなど、コードに引っ張られて、イヤホンが耳から外れる問題は、この分野の解決すべき問題だったと思う。

このイヤーレシーバーでは、耳を取り巻くようにコードがデザインされていて、脱落をソフトに防いでいる。

またその装着した造形が、自然で美しい。

MDR-EX1000の概要原音に忠実なサウンドと自然な装着感を徹底追及し、アウトドアで理想的なリスニング環境を提供するステレオイヤーレシーバー。
液晶ポリマーフィルム振動板を採用した大口径16mmドライバーユニットにより、存在感のある低音と広帯域再生、広ダイナミックレンジを実現。
また、音の解像度を高めクリアな中高音と重厚でパワフルな低音を再生する440kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットや、音楽信号の伝送ロスを抑える高純度7N-OFCリッツ線を採用。
さらに、ドライバーユニット一体型マグネシウム合金筺体により、高音質と小型化を両立。
プロデューサーソニー株式会社 コンスーマー・プロダクツ&サービスグループ PI&S事業本部
ディレクターソニー(株)クリエイティブセンター 和田 浄/湯山 恭男
デザイナーソニー(株)クリエイティブセンター 勝又 潤 / 森本 壮 / 鈴木 聡
MDR-EX1000の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
機種独自での取り組みはございません
MDR-EX1000のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
コードを耳の後ろにかけて調整できる新開発「フレキシブルイヤーハンガー」を採用し、従来モデルの抜け落ちやすいという課題を改善しました。
耳への安定した装着性を実現、コードが引っ張られてもはずれにくく快適に音楽を楽しめるようになりました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
ドライバーユニットを耳道に対して垂直に配置する弊社独自の「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式」を採用しました。
新開発の直径16mmの大口径ダイナミック型ドライバーユニットを採用し、ユーザーが原音を忠実に再生できることで、さらなる音楽ライフの充実に貢献します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
近年ヘッドフォン業界は急成長しています。
その中で弊社で独自新開発したテクノロジーを惜しみなく投入し、最上級のモニターヘッドフォンとしてヘッドフォン市場を刺激しヘッドホン市場の活性化に貢献できると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
脱着式コードを採用し、用途によって2種類の長さを使い分けられるようにしました。
また断線時にコードのみを取り替える事で本体自体の使用期間が長くなりお客様への負担、廃棄物を少なくすることによる環境負荷の低減に貢献します。
ユーザー・社会に伝えたいこと近年、急増している多種あるイヤフォンの中でも、最高級の音質を追求した小型モニターヘッドフォンです。
装着性にも考慮し一般お客様からプロユースまで手軽に音楽を高音質で楽しんでいただけたらと思います。
どこで購入できるか、どこで見られるか量販店 ソニーストア など
MDR-EX1000をもっと見る・購入 楽天市場でMDR-EX1000を探す

amazonでMDR-EX1000を探す

Yahoo!ショッピングでMDR-EX1000を探す

Yahoo!オークションでMDR-EX1000を探す
オフィシャルサイト http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-EX1000/index.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オーディオビジュアル機器の人気グッドデザイン