集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

カラーモニタ付住宅情報盤

家具・インテリア用品

能美防災株式会社(東京都)

2007年度 グッドデザイン賞 受賞

薄さを強調する形状と音声スピーカーの孔が見えないように工夫をしたことで、すっきりしたデザインに仕上がっている点が効果的である。

集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uの概要マンションの住戸内に設置される、インターホン機能と火災受信機能を兼ね備えた商品。
エントランスに来た訪問者を映像と通話で確認でき、解錠操作により特定の訪問者だけに入館を許可することにより、セキュリティー性を高めている。
火災時は火災受信機として、住民に音声で火災を知らせることができる。
また、住宅機器として住環境により美しく調和するように薄型のデザインを取り入れると共に、従来中央部に大きく開いていたスピーカ孔の存在感を抑えた他にないシンプルなデザインとした。
プロデューサー能美防災株式会社 取締役 技術開発本部長 五十嵐明
ディレクター能美防災株式会社 研究開発センター住宅システム開発室 永田智一、矢作安希博
デザイナー澄川 伸一デザイン事務所 代表 澄川伸一
集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uのデザインについて近年の住環境における色彩や質感のテイストは、よりシンプルにクリーンなものへと変化している。
その変化に個々の住宅機器も同時に変化していく必要性を強く感じ、より清潔感のあるクリーンなイメージを重視してデザインした。
普段は住環境内で主張しすぎる存在にならないように配慮する一方、火災などの災害時にはしっかりと対応でき、緊急時にもユーザーが混乱せずにコントロールできるようなデザインの処理を施した。
ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項誰でも安心して使えるよう、ユニバーサルデザインに基づき全体のデザインを構築。
実際 の使いやすさを徹底的に追求した。
大きさ・凸量・配置にメリハリを付けたボタンレイアウト、表面の印刷文字には視認性の高いフォント・目にやさしい印刷色を採用、メニュー画面には一覧表示形式を採用するなど配慮した
製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応セキュリティ機器としての「安心感」を築き上げていくため、長期間使用してもらえるシンプルでクセのないデザインとした。
また、部品には材料を表示することで廃棄時において配慮している。
集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uをもっと見る・購入 楽天市場で集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uを探す

amazonで集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uを探す

Yahoo!ショッピングで集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uを探す

Yahoo!オークションで集合住宅システム「リサ」・HAPGJ306-U, HAPGJ307-Uを探す
オフィシャルサイト http://www.nohmi.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家具・インテリア用品の人気グッドデザイン