プラウド山手町

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

集合住宅

住宅や住宅設備

野村不動産株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

全体的にボリュームを抑え、北側の外観を美しくまとめ上げている点が評価が高かった。

プラウド山手町の概要当計画は外人居留地として栄えた歴史のある横浜山手地区に位置する。
歴史的資産があり、緑豊かな街並みの中の、見晴らしの良い場所に建つ低層の集合住宅である。
敷地内にあった木を多く残すために建物をコンパクトにつくり、格子やガラス、列柱など光や風を通す素材を用いて、豊かな周辺環境と建物との調和を図る。
プロデューサー野村不動産株式会社 住宅カンパニー 事業開発三部 部長 神保 憲之
ディレクター野村不動産株式会社 住宅カンパニー 事業開発三部 副部長 船木 義和、課長代理 大林 英臣、住宅建築部 副部長 守島 洋、課長代理 刈内 一博
デザイナー株式会社 坂倉建築研究所 東 泰規 吉村 将次
プラウド山手町の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
全住戸フリープランとし、住戸内は各家庭が自由に間取りを変えられる計画とした。
更に、隣接二住戸の界壁の一部に開口を設けることで、二住戸を連結して居住できるコネクトプランを計画した。
また、将来的に、二住戸として分割できる様管理規約も整備し、住み続けながら住戸面積を変更することのできる仕組みとした。
既存樹と新植樹の緑のレイヤーを建物と周辺環境の間に織り込み、緑の歴史を積み重ねる外構デザインとした。
プラウド山手町のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
セキュリティやプライバシーを守りながら、格子や半透明ガラスといった透ける素材を用いて外との関係をつくり、光と風が感じられる空間をつくる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
見せ場となるエントランスだけではなく、ゴミ置場や駐輪場など日常の生活動線の中にも自然やアートとの触れ合いが生まれるシーンをつくる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
照明器具の分散配置や白い壁に光を当てる効率の良いライティングによって、デザインと省エネの両立に成功した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
既存樹を出来るだけ残し、更に緑を増やして豊かな街並をつくる。
照明器具全てをLEDとし、徹底的に省エネを図る。
ユーザー・社会に伝えたいこと日本の建物の寿命は短すぎる。
我々は建物の企画やデザインを通じで安全で快適で使いやすく、そして愛着を持ってもらえるような建物を目指した。
建物が何十年も大切に使ってもらえる事を期待している。
どこで購入できるか、どこで見られるか神奈川県横浜市中区山手町
プラウド山手町をもっと見る・購入 楽天市場でプラウド山手町を探す

amazonでプラウド山手町を探す

Yahoo!ショッピングでプラウド山手町を探す

Yahoo!オークションでプラウド山手町を探す
オフィシャルサイト http://www.nomura-re.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン