ほとんど外の家-2

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

ycf/山下喜明建築設計事務所(奈良県)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

生活は、本来室内だけで繰り広げられるものではなく、その周辺も含めた輪郭の曖昧な場において展開しているのだということを改めて教えてくれる住宅である。

半屋外のテラスや屋上は快適そうで、周辺の豊かな環境の魅力を炙り出してくれている。

ほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)の概要伊豆半島東の海を望む山に建つ住宅。
等高線が斜めに横切る敷地の特性を活かし斜面に馴染ますように複数の床レベルを設定した。
玄関中庭の屋外階段踊場のレベルが和室、書斎のレベルとなる。
つまり1階と2階の間に2つのレベル、更に2つのルーフテラス、計6つのレベルを設定。
居間は眺望より庭との繋がりを重視し、和室は茶室的な閉じた空間、半階上がった書斎からは山が、2階からは海が一望できる。
更に2つのルーフテラスへと上がる度に眺望が次々に変化する。
大屋根で覆われた2階は半分以上が半屋外空間で、日射や雨をさけながら風を感じたり眺望を楽しめる。
ただ部屋数が多いだけの家にはない豊かな住空間となればと思っている。
ディレクター山下喜明
デザイナー山下喜明
ほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
未造成の宅地(雑木林)を未造成のまま活用する 国産の木材、間伐材を多用する 夏のエネルギーを削減出来る住環境をつくる
ほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
「暑い」「寒い」というネガティブな感覚も含めて自然環境を積極的に受け入れ、自然と向き合うことによって、本来人間も持っている地球上の生き物としての感覚を呼び起こしたい。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
高気密高断熱住宅やら太陽光発電装備やらテクノロジーで重装備した今時の家に比べるととても軽装備な家です。
閉め切った屋内の環境を整える高性能住宅とは対極かもしれませんが、積極的に外に出て雨や風を感じて、自然環境と向き合う暮らし、ほんの少し前までの日本人が持っていた風流を楽しむ暮らしを提供しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
雛壇状に造成された敷地は住宅産業の為のお膳立てだと否定しているのではありません。
そろそろ住宅産業全体の価値観を変えて行く時期ではないでしょうかとうい示唆です。
建築家個人に出来る事は僅かでも住宅産業全体が新しい価値観で家づくりを始めれば新たなビジネスチャンスだけではなく社会全体の価値観を変える事も出来るのではないでしょうか。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
「造成しなくても(造成に費用を費やさなくても)家は建てられるんだよ」「残った敷地をコンクリートで固めず土を残して家を建てると夏涼しいですよ」という示唆
ユーザー・社会に伝えたいこと今、しきりにエコが叫ばれますが、森を切り開き膨大なコンクリートと資本を投下した造成地に家を建てる時点で既に風邪をひいているようなもので、さて高断熱だ太陽光だエコ家電だと対症療法に終始しているように思われます。
造成なんてしなくても家は建つし、もっと軽装備な家でもいいんじゃないでしょうか。
ほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)をもっと見る・購入 楽天市場でほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)を探す

amazonでほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)を探す

Yahoo!ショッピングでほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)を探す

Yahoo!オークションでほとんど外の家-2(オープンエアーリビングから海を眺める家)を探す
オフィシャルサイト http://www.yoshiaki-yamashita.com/works13.html

関連するグッドデザイン

住宅の写真

Sg

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン