DC36

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

サイクロン掃除機

家電機器

ダイソン株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

軽量化され、以前のモデルよりコンパクトで使いやすくなっているだけではなく、モーターの重心バランスとホイールの造形を一つにしたテクノロジー、またその妥協を感じさせない造形処理が素晴らしい。

使い勝手を殺さずに製品特性上の理屈を必要最小言語で構築され、ブランドが持つデザインビジョンそのものをプロダクトアウト出来ている。

そこを高く評価した。

DC36の概要掃除機の目詰まりと吸引力の低下は、ミクロレベルの微細ゴミによって引き起こされます。
ダイソンDC36は、空気の流れを再設計し、気流の効率を改良することでエネルギーロスを低減。
よ新名kしたサイクロン技術「ラジアルルートサイクロン」テクノロジーを搭載しました。
さらに、自由自在な方向転換と操作性を可能にする球体軸「Ball(ボール)テクノロジー」を採用。
スプリングを内臓した可動式連結部によって、小さい回転半径でも小回りが利き、思い通りのコントロールを実現しました。
ディレクタージェームズダイソン
DC36の開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
ダイソンのサイクロン技術は、従来の掃除機の常識を覆し、掃除機の新しい可能性を切り開きました。
ダイソンDC36には繰り返し使用可能なプレモーターフィルターを採用しており、従来型のように、紙パックやフィルターの買い替え、交換は不要です。
今後も持続可能な社会の実現に向けた製品作りに取り組んでいきます。
DC36のデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
本体がハンドル部分から離れたところにあるため、キャニスター型掃除機では本体の操作性が非常に難しいが、DC36では、バランスを追求した構造とモーター配置によって低重心を実現。
また車軸のベアリングが摩擦を軽減し、ボールをスムーズに回転させるため、わずかな力で無理なく方向展開を行うことができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
モーターを再設計し、回転翼による音を抑えました。
また、音や振動を吸収する緩衝材がボール内に配置され、運転音を低減しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
ヘッドには静電気の発生を抑えるため、細かな炭素繊維からなるカーボンファイバーブラシを採用。
「確実にゴミを取り除く」ことを追求したダイソン独自の研究開発の姿勢によって、従来は航空機やスポーツ用品などに使われる新素材を住宅家電に採用しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
DC36に採用されているペットケアモデルは、愛犬のグルーミングをしながら抜け毛やアレルゲンを取り除くことができます。
ブラッシング中の舞い散る毛も吸い込むことができるため、愛犬家および周囲の方にとっても清潔で快適な生活空間を実現します。
ユーザー・社会に伝えたいこと発明には長い年月と失敗がつきものです。
試行錯誤を繰り返すことで、他には無い卓越した技術が生まれますが、ダイソンでは、サイクロンテクノロジーを発明して以来、20以上にわたり絶え間なく技術改善に取り組んできました。
DC36に採用されたラジアルルートサイクロンはこうした一連の努力から生まれてきました。
どこで購入できるか、どこで見られるか家電量販店を中心とした小売店
DC36をもっと見る・購入 楽天市場でDC36を探す

amazonでDC36を探す

Yahoo!ショッピングでDC36を探す

Yahoo!オークションでDC36を探す
オフィシャルサイト http://www.dyson.co.jp/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
家電機器の人気グッドデザイン