HEARTボトルキャップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ペットボトルキャップ

雑貨・生活用品

Smile Park株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

いつの頃からか、飲み水などペットボトルで携帯するのが当たり前のようになっている。

頻繁に開け閉めを繰り返すのであれば、指にやさしく高級感のあるキャップのほうが良い。

他の人のペットボトルとの区別もつき、さりげない自己表現を実現させてくれる。

HEART(ハート)ボトルキャップの概要ペットボトルのリユースと使う人にやさしい機能を考えた、ハート型の付け替えキャップです。
通常のキャップより、握りやすく開けやすい形になっています。
ハートのカタチは、通常のキャップより、握りやすく開けやすいように・・という優しさが込められています。
柔らかく、肌馴染みの良い加工に仕上げました。
※国内の主なペットボトルに対応しています。
デザイナーSmile Park sugiX
HEART(ハート)ボトルキャップの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
『エコ』という言葉が先走るのではなく。
楽しい生活の中に再利用や、リサイクルという言葉が自然と溶け込んでいる。
そんなナチュラルな楽しいスタイルを提案したいと思いました。
こ楽しく使っていたら実はエコだった。
そんな社会が素敵だと思います。
HEART(ハート)ボトルキャップのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
本製品は老人など手に力が入らない方にも、簡単に開け閉め出来るユニバーサルデザインとなっております。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
ペットボトルを水筒代わりに持ち運ぶユーザーに対し、ペットボトルを持つ喜びを提供します。
義務的なエコではなく、楽しいエコ生活を提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
キャップの開けやすさを考慮した形。
手にとっても肌触りの良い質感。
(シボ加工)
「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
本製品を使う事=ペットボトルのリユースにつながります。
結果環境問題に貢献することになります。
ユーザー・社会に伝えたいこと近年、『エコ』という言葉がありとあらゆるところで謳われ。
そしてそれは時に義務感さえ漂わせております。
『エコ』という言葉が先走るのではなく。
楽しい生活の中に再利用や、リサイクルという言葉が自然と溶け込んでいる。
そんなナチュラルな楽しいスタイルこそ、本当のエコロジーなのだと思います。
どこで購入できるか、どこで見られるかアッシュコンセプトWebサイト、国内各雑貨店(LOFT、フランフランなど)、海外各雑貨店など多数
HEART(ハート)ボトルキャップをもっと見る・購入 楽天市場でHEART(ハート)ボトルキャップを探す

amazonでHEART(ハート)ボトルキャップを探す

Yahoo!ショッピングでHEART(ハート)ボトルキャップを探す

Yahoo!オークションでHEART(ハート)ボトルキャップを探す
オフィシャルサイト http://h-concept.jp/fs/hshop/c/heart_bottle_cap

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
雑貨・生活用品の人気グッドデザイン