CPX システム

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ライティング新システム

スポーツ・趣味用品

コールマン ジャパン株式会社(東京都)

2011年度 グッドデザイン賞 受賞

アウトドアーシーンにおける照明器具もLED化が、進んできている。

一般照明との大きな違いは電源を電池供給にする点であるが、本CPXシステムのデザインは、アウトドアでのエネループ化ともえる新しい提言がデザインされている。

現状はランタン、テントライト、フラッシュライトノ3点で構成されているが、さらなる商品ヴァリエーションの拡充と世界観を様々なシーンで拡げられる事を期待したい。

CPX(TM) システムの概要CPXとは、『Coleman Power Exchange』を表した言葉。
同じ電圧の製品群で乾電池と充電池をそれぞれのカートリッジで共有できるシリーズのこと。
シリーズには、4.8V電圧式である「CPX 4.5」シリーズと続いて6V電圧式の「CPX 6」シリーズをラインナップ。
同電圧の充電池カートリッジや充電をするための充電キット(ACアダプターとDC12Vカーアダプターの2種類を付属)を別売りとして取り揃えています。
これからは、電源も使用する環境や状況によって選択できる時代に向けた新機構のシステムです。
プロデューサーコールマン ジャパン株式会社
ディレクターコールマン ジャパン株式会社 プロダクトマネージャー 本田 圭悟
デザイナーザ・コールマン・カンパニーInc.
CPX(TM) システムの開発・企画についてサステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと
まず、乾電池を使用する場合には、その入手のしやすさと手軽さで状況によって充電ができない環境でも製品本体の使用が可能であり、また、充電池を使用する場合には、乾電池の繰り返し購入や廃棄する手間がなくなり、経済的にも環境にも優しいといったそれぞれの利点があり、消費者が状況によって電源を選択できる自由さを考慮した。
CPX(TM) システムのデザインについて「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること
バッテリー製品は、大人から子どもまで誰にでも安全に取り扱うことが可能なものであるが、この「CPXシステム」は、さらに、電源を選べる楽しさ、使う側の状況に応じて使い分けることができるユーザビリティを実現している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること
充電をおこなうための「充電式キット」には、ACアダプターとDC12Vカーアダプターがセットになっており、室内でも屋外でも充電を行なえる。
これによって、非常時に備えても安心して使うことができ、家庭においても常備しておく非常用ライトの電源として活用できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること
製品開発には、常に新規性が求められますが、この「CPXシステム」は、利便性と実用性を兼ね備えており、まさに時代のニーズにもフィットしたシステムである。
このシステムを採用した新たなる製品を産みだしていく可能性がある。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること
今までの乾電池は捨てる物から、充電池の発達により廃棄せず繰り返し使うことができる利便性を社会に提供できるようになった。
しかし、廃棄不要という面から環境負荷を軽減できるが環境に良いだけでは消費者へのアピールは弱い。
一番のメリットはこのカートリッジを繰り返し使うことによって消費者の経済的サポートになり、経済的にメリットになるから普及していく。
そして環境負荷の軽減を加速させるという良い循環が生まれる。
ユーザー・社会に伝えたいこと無理をした環境活動は続きません。
楽しく、更には経済的にもメリットがあるようなプロダクトがあってこそサステナブルな社会があるのだと思います。
どこで購入できるか、どこで見られるかコールマンオンラインショップ、アウトドア専門店、スポーツ量販店、ホームセンター、GMS、等
CPX(TM) システムをもっと見る・購入 楽天市場でCPX(TM) システムを探す

amazonでCPX(TM) システムを探す

Yahoo!ショッピングでCPX(TM) システムを探す

Yahoo!オークションでCPX(TM) システムを探す
オフィシャルサイト http://www.coleman.co.jp/onlineshop/prdct_list.html?category_code=66

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
スポーツ・趣味用品の人気グッドデザイン