アクオス LC-52XF3

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

液晶TV

オーディオビジュアル機器

シャープ株式会社(大阪府)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

シルバーの縁取りに平面パネルという基本のデザインコンセプトを崩さず、徹底的に奇麗に仕上げているところが評価できる。

薄いだけでなく背面の仕上げにも十分に気を配っているところが良い。

スタンドも無理に癖を持たせること無く、シンプルにし、質感で勝負しているところが良い。

アクオス LC-52XF3/46XF3の概要LEDバックライト搭載、薄型・高画質の液晶TV1.豊かな色表現力を備えた4原色技術の採用により、鮮やかで高品位な映像を実現 2.LEDバックライトで、セット厚3.9cm(突起部を除くディスプレイ部の最薄部)を実現。
画面とフレームの凹凸をなくした「フルフラットデザイン」を採用。
3.視聴中の番組やコンテンツを表示したまま、少ないリモコンキーで簡単に操作できるGUIの開発。
達成しようとした目標1.従来の3原色(赤・緑・青)に、黄色のサブピクセルを新たに加えて表示する4原色技術を採用。
2.LEDバックライトで、セット厚3.9cm(突起部を除くディスプレイ部の最薄部)を実現。
 画面とフレームの間の凹凸をなくした「フルフラットデザイン」を採用し、 シンプルでありながら美しいフォルムを実現
プロデューサーシャープ株式会社 AVシステム事業本部 液晶DS第一事業部 事業部長 喜多村和洋
ディレクターシャープ株式会社 AVシステム事業本部 デザインセンター 所長 林良三、副参事 藤井嘉人/総合デザインセンター グローバルデザイン開発室 室長 小川充雄、UIデザイン室 副参事 佐藤啓一郎
デザイナーシャープ株式会社 AVシステム事業本部 デザインセンター 小寺武志 五味洋、飯田公一、粟生惠一郎/総合デザインセンター グローバルデザイン開発室 大谷透、島本康孝/UIデザイン室 田嶋恵美子、西面弓子
アクオス LC-52XF3/46XF3のデザインについて・テクノロジーの進化を先進的かつ優しいフォルムにまとめ上げる事で、ハイセンスな空間を実現するテレビを創出した。
アクオス LC-52XF3/46XF3はどのような使用者・利用者を想定したか高画質映像はもちろん、スタイリッシュデザインにもこだわりたいユーザー
アクオス LC-52XF3/46XF3はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか・大画面でありながら、高画質、薄型、画面とフレームの凹凸をなくした、 フルフラットデザインによる、スタイリッシュなAV空間の実現。
・視聴中の番組やコンテンツを表示したまま、少ないリモコンキーで簡単に操作で きる「新・モーションガイド」GUIを搭載。
 放送とネットコンテンツがシームレスに視聴できる新しいライフスタイルを提案しています。
その問題点に対し、どのように対応したか・UV2A技術により、液晶パネルの光利用率が大幅に向上。
しかも黄色の画素を追加した4原色技術「クアトロン」では、バックライトの光成分を無駄なく、 効率よく使うことができ、業界No.1(2010年5月31日現在)の省エネ性能を実現。
・リモコンに「セーブモード」ボタンを採用。
ワンタッチで消費電力を抑えた映像に切り替えることのできる省エネ機能です。
アクオス LC-52XF3/46XF3をもっと見る・購入 楽天市場でアクオス LC-52XF3/46XF3を探す

amazonでアクオス LC-52XF3/46XF3を探す

Yahoo!ショッピングでアクオス LC-52XF3/46XF3を探す

Yahoo!オークションでアクオス LC-52XF3/46XF3を探す
オフィシャルサイト http://www.sharp.co.jp/aquos

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
オーディオビジュアル機器の人気グッドデザイン