世田谷区コミュニティサイクル

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

レンタルサイクル

サービスのデザイン

世田谷区役所(東京都)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

このレンタサイクルシステムは、地域の生活に密着した行政サービスとして多くの利用者に支持されており、また区内の南北をつなぐ新たな交通網としても高く評価されている。

さらに、太陽光で充電可能な電動アシスト自転車を導入するなど新たな取り組みにも挑戦している。

地域と生活者を上手につないだサービスとして定着している点が評価できる。

世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)の概要世田谷区内3ヶ所のレンタサイクル施設をつなぐレンタサイクルのシステムで、貸出・返却先を自由に選択ができる。
この3施設及びシステムを通称「がやリン」と呼んでいる。
ICカードと自転車本体に取り付けたRFIDタグによりゲート通過時に自動でデータを取得し、自転車の貸出状況が把握できる。
各施設間の距離は約2kmで、自転車での移動時間は15?20分程度である。
主に通勤・通学目的で利用されており、利用率は年々上昇している。
平成22年3月には、2施設にソーラーパネルを設置し、電動アシスト自転車のバッテリー充電を全て太陽光による電力で賄うシステムを開始したところである。
達成しようとした目標放置自転車の減少や区内南北交通の補完的役割を担うため。
プロデューサー世田谷区 交通政策担当部 交通安全自転車課
世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)のデザインについて通勤・通学目的だけではなく、区内めぐりなどの交通手段として、区民の方だけにとどまらずさらに多くの方にご利用いただき、世田谷区のよさを知っていただきたい。
世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)はどのような使用者・利用者を想定したか定期利用については世田谷区在住・在勤で12歳以上の方。
日ぎめ利用は、12歳以上の方。
(区外在住の方も含む)
世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか自転車を購入することなく安価に利用でき、電動アシスト自転車については中高年の方の行動範囲が広がった。
どこで購入できるか、どこで見られるか桜新町レンタサイクルポート (東京都世田谷区桜新町2-7-15)
世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)をもっと見る・購入 楽天市場で世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)を探す

amazonで世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)を探す

Yahoo!ショッピングで世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)を探す

Yahoo!オークションで世田谷区コミュニティサイクル(がやリン)を探す

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
サービスのデザインの人気グッドデザイン