神戸ビエンナーレ2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

?港で出合う芸術祭?

公共用途の建築物・空間

神戸ビエンナーレ組織委員会(兵庫県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

神戸の芸術文化振興を図ると共にまちの賑わい活性化につなげるため2年に1度行われる芸術文化の祭典「神戸ビエンナーレ」である。

「情報コンテナ」内を展示空間としてさまざまな展示が行われることで、環境的な配慮を考えているが、最も大きな意義は活動の継続である。

震災10年を機に「神戸文化創生都市宣言」を行い、多種の組織を統合し、協賛を得ながら芸術文化を内外委へ発信し、生き生きとした市民をより多く生み出すことの重要性を再認識した。

神戸ビエンナーレ2009の概要■開催趣旨 芸術文化の力を結集し内外に発信し、神戸の芸術文化の更なる振興を 図り、まちの賑わい活性化につなげるため2年に1度の芸術文化の祭典「神戸 ビエンナ ーレ」を開催する。
■名称 ?港で出合う芸術祭「神戸ビエンナーレ2009」 ■会期 2009年10月3日(土)?11月23日(月・祝) 52日間 ■会場 メリケンパーク、兵庫県立美術館、神戸港、三宮・元町商店街 ■テーマ 「わwa」 ■主催 神戸ビエンナーレ組織委員会、神戸市 ■共催 兵庫県 ■内容 アートインコンテナ国際展 招待作家展 海上アート展 ほか
達成しようとした目標①神戸らしい都市イメージの発信 ②新進アーティストの発掘・育成 ③多種多様な芸術文化の交流・融合 ④芸術文化を活かした都市づくり ⑤芸術文化活動の連携
プロデューサー吉田 泰巳 神戸ビエンナーレ2009総合ディレクター
ディレクター販売地域
神戸ビエンナーレ2009のデザインについてなし
神戸ビエンナーレ2009はどのような使用者・利用者を想定したか現代アートに関心のある人だけではなく、市民、観光客など神戸ビエンナーレに関わるすべての人
神戸ビエンナーレ2009はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかアートを活用して神戸の多様性、多文化共生、進取の気性などの神戸らしさ、港などの神戸の魅力的な景観などを実感するとともに、ワークショップなどでアートやアーティストとの関わりを通じて創造することの楽しさを提供した。
その問題点に対し、どのように対応したか生きた植物が地球環境問題の解決に果たす役割の重要性を認識し、グリーンとアートとの融合の可能性を探る「グリーンアート展」や生きた植物が街の景観に与える影響や地球環境問題におけるグリーンの重要性を啓発する「まちなかグリーンアート」に初めて取り組んだ。
どこで購入できるか、どこで見られるかチケットぴあ、ローソンチケット
神戸ビエンナーレ2009をもっと見る・購入 楽天市場で神戸ビエンナーレ2009を探す

amazonで神戸ビエンナーレ2009を探す

Yahoo!ショッピングで神戸ビエンナーレ2009を探す

Yahoo!オークションで神戸ビエンナーレ2009を探す
オフィシャルサイト http://www.kobe-biennale.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
公共用途の建築物・空間の人気グッドデザイン