フィール

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

点滴スタンド

医療や教育・研究に関する用品と機器設備

株式会社メディディア 医療デザイン研究所(福井県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

従来のステンレス製の点滴スタンドと比べ、木材を生かした構成と鮮やかな色の組合せは、温もりと安心感を感じさせ、使う人に優しく、美しいデザインにまとまっている。

外観だけではなく、細部にも、転倒防止や移動時の障害など使用状況に応じた工夫が施されている。

またこのフレンドリーなデザインにより、遊びやコミュニケーションツールにもつながり、治療への前向きな姿勢をサポートすることは、今までの医療機器ではなかなか実現出来なかった新しいデザインソリューションであり、メンタルケアに対しても大変意義のあるデザインである。

フィールの概要病院で点滴治療をするためのスタンド。
ホスピタリティを意識し温かみのある木を生かしたデザイン。
上部のフックプレートは点滴ボトルを掛け易く、4本迄対応。
移動時、カーテンに引っかからない。
点滴ボトルの重心をポール側に寄せることで、歩行時の揺れを抑え、転倒を防止できる。
ハンドルは全方位から握れ、滑らない形状のため、患者と介助者が安全に歩行でき、足がからまって起こる転倒も防止。
輸液ポンプ用のスリットを設けルートエラーを回避。
円脚は薬剤などの汚染から守れるようにキャスターを隠せる設計。
PAの双輪キャスターは埃や髪の毛を巻き込みにくく走行音も静か。
エレベーター等の段差でも安全に走行でき、全体消毒も可能。
達成しようとした目標高齢化社会や急増している現代病、患者のプライバシー確保やマナーの向上、医療との信頼関係など、医療に関する問題点の変化は近年著しい。
この著しい変化の中で、今までの医療器具の機能的問題点を改善した上で、さらに患者のメンタルケアまで考えた医療器具の開発が、医療環境の改善とその中で生活をする患者達にとって重要であり、目標でもある。
プロデューサー株式会社メディディア医療デザイン研究所 山本 典子
ディレクター株式会社ハーズ実験デザイン研究所 ムラタ・チアキ
デザイナー山本 典子、ムラタ・チアキ
フィールのデザインについて医療従事者達は24時間緊張した勤務の中、目先の問題の解決に精一杯で、問題の根本的なデザインソリューションには気付いていない。
6年前に抗癌剤の治療を受ける子供の言葉が忘れられず、今やっとここに現場目線で点滴スタンドをデザインする事ができた。
医療デザインが機能面の問題解決だけでなく、医療環境をホスピタリティ溢れる空間になるように、そして医療の安全や信頼関係の向上に少しでも貢献できるよう願っている。
フィールはどのような使用者・利用者を想定したか全国の小児医療機関、一般病院、ホスピス、クリニック(特に女性専門、美容系)、在宅医療の現場を市場とし、患者の点滴治療に使用する。
フィールはその使用者・利用者にどのような価値を実現したか従来のステンレス製の点滴棒と比べ、木を生かしたデザインと色の組合せは、温もりがあり、院内を歩行しても見た目の不快感が少ない。
キッズボードはプライバシーの保護だけでなく、遊びやコミュニケーションツールとしても使え、治療への前向きな姿勢を支える。
医療従事者へのメリットとしては、輸液ポンプ用のスリット設計のあるハンドルや、使い易いフック、備品管理・メンテナンスが容易な点などが作業効率を向上している。
その問題点に対し、どのように対応したか実際に、医療従事者の意見を聞き、院内で様々なシーンを検証した上で企画・デザインを行った。
医療器具は、消毒や耐久性を考慮するために金属製のモノが多いが、今回は木を生かしたデザインをメインに、患者の年齢や性別、診療科目に合わせ、様々な色と組み合わせられるようした。
機能面では、処置効率やユーザビリティーを考慮し、また高さ調節が可能なハンドルや、かけやすい点滴フックのデザインなど、医療環境の改善も図った。
どこで購入できるか、どこで見られるか株式会社メディディア(直販)http;//www.medidea.co.jp
フィールをもっと見る・購入 楽天市場でフィールを探す

amazonでフィールを探す

Yahoo!ショッピングでフィールを探す

Yahoo!オークションでフィールを探す
オフィシャルサイト http;//www.medidea.co.jp

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
医療や教育・研究に関する用品と機器設備の人気グッドデザイン