三井ガーデンホテル四谷

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

ホテル

商業・産業用途の建築物・空間

株式会社日本設計(東京都) 三井不動産株式会社(東京都) ミュージアム1999株式会社(東京都)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

デザインを前面にだすのではなく、ユーザー目線にたった心地よさを追求し、きめ細かくホスピタリティを追求している点を評価した。

三井ガーデンホテル四谷の概要「コンパクトで快適」を追求したスモールホテル。
近年の活発な女性の社会進出をサポートする意味においても女性が安心・快適に過ごせる空間は都心部のホテルの拠点性を特徴づける。
安心・快適な滞在が心身共に爽やかな朝の目覚めにつながるという意味を込めて「明日が楽しみになる」ホテルというコンセプトを提案。
アウトフレームで構成された端正で彫りの深いファサードは温かく人を迎える感覚と秩序感・奥行き感を創出し周辺街並みの景観にも貢献。
機能性と広がり感の工夫、ベージュ系での落ち着いたカラースキームと素材の選定により抑制の効いた寛ぎの室内空間を実現している。
1階の緑で囲まれたオープンカフェが街角に潤いを与える。
達成しようとした目標「コンパクトで快適」なホテルとは何か。
新しい感覚と価値観をもった人に適正価格で応えられる寛ぎのある空間を目指した。
特に近年活発な社会進出を行う女性の感性を満たす機能性を備えた宿泊拠点はより広い顧客層の満足につながると考え、女性が安心・快適で過ごせる空間を主軸としたシンプルなデザインを追及。
アプローチから客室へのシークエンスの統一感、アウトフレームによるシンプルなファサードと柱・梁のない客室の実現。
プロデューサーミュージアム一九九九株式会社+三井不動産株式会社
ディレクター上口泰位
デザイナー内田幸子、山本篤子、中井英吾
三井ガーデンホテル四谷のデザインについて「快適性」というホテルの最も基本的な要素に真摯に取り組み、建物の内外デザイン、アプローチから客室までのシークエンスの統一感など「快適性の多様なかたち」の実現を目指した。
アウトフレームのファサードはコンパクトながらも柱・梁のないすっきりとした客室を実現すると同時に日射遮蔽の機能をもつ。
端正で奥行きのあるファサードはホテルの顔を創ると共に落ち着いた都市景観を創出し周辺の街並みづくりにも貢献している。
三井ガーデンホテル四谷はどのような使用者・利用者を想定したかアッパーミドルと言われるビジネス客層を中心として、より安くではなく+αを求める新しい感性と価値観を持ったユーザー。
特に近年活発に社会進出を行う女性客、セキュリティと快適性、シンプリシティに価値を置く人。
客室でのデスクワークを重視する人。
その他周辺に多い学校関係者(滞在利用含む)・受験シーズンの学生・週末は旅行客(女性グループ・家族・個人)など、多様な利用客に対応できるよう想定している。
三井ガーデンホテル四谷はその使用者・利用者にどのような価値を実現したかバスタブを廃しシャワーブースとトイレ、洗面台を分離。
機能性を高め限られた滞在時間でもゆっくり過ごせる空間構成。
アウトフレームによる柱・梁のない室内の広がり感。
柱間いっぱいの窓がもたらす陽光による爽やかな朝の目覚めなど機能を特化・集約することでコンパクトながらもゆとりと快適性を享受できる客室を実現。
ベージュを基調とした端正で堀の深いファサードが落ち着いたホテルの顔と周辺の街並みに秩序感を与える。
その問題点に対し、どのように対応したか四谷駅側のコーナーにケヤキのシンボルツリーと、緑に囲まれたオープンテラスを設置することで、通りからも建物内部からも緑を感じる施設とした。
また、通りに対して堀の深い格子のアウトフレームファサードとすることにより、外部負荷を低減させながら自然光と自然換気を取り込んだビジネスホテルには稀に見る大きな開口部を設けた。
施設全体の機械設備は屋上に集約し、通りに対しての騒音や廃熱への配慮を行った。
どこで購入できるか、どこで見られるか三井ガーデンホテル四谷
三井ガーデンホテル四谷をもっと見る・購入 楽天市場で三井ガーデンホテル四谷を探す

amazonで三井ガーデンホテル四谷を探す

Yahoo!ショッピングで三井ガーデンホテル四谷を探す

Yahoo!オークションで三井ガーデンホテル四谷を探す
オフィシャルサイト http://www.gardenhotels.co.jp/yotsuya/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
商業・産業用途の建築物・空間の人気グッドデザイン