HiPerⅡ

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

GNSS受信機

運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器

株式会社トプコン(東京都)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

円を基本としたシンプルな形状,視認性と軽快感をもたらすイエローとグレーの配色,配色のアクセントと転倒時のバンパーを兼ねた本体上部のグレーのゴムリング,明るい外光下での可読性を確保する斜め下向きのディスプレーなど,屋外の様々な環境や天候における作業を考慮した機能性と意匠性をまとめあげた,優れたデザインであると判断した.

HiPerⅡシリーズの概要GNSS測量において、多数のポイントを連続的に移動測定するRTK測量が現在では主流となり、設置が簡単で機動性も高いGNSS受信機を求める声が高まっている。
機動性の実現と様々な観測手法に欠かせない機器同士のケーブルレス化、簡単な設置、ボイスメッセージによる受信状況の把握、耐衝撃性の高いマグネシウム筐体で軽量化を図るなど、GNSS測量の作業効率を一段と向上させるGNSS受信機の開発を目指した。
(GNSS:Global Navigation Satellite System 国連採択の衛星測位の一般名称)
達成しようとした目標・受信機の観測状況やバッテリー残量、メモリー残量などの作動状態を作業者に案内するボイスメッセージ機能。
・従来必要だった無線機の接続など面倒な準備作業を排除する、ケーブルレス化の実現。
ディレクター株式会社トプコン ポジショニングビジネスユニット グローバルデザイン部 部長 小野瀬 純
デザイナー株式会社トプコン ポジショニングビジネスユニット グローバルデザイン部 課長 石井 光男
HiPerⅡシリーズのデザインについて測量機は、その使用者である測量士などを通じ、人々の社会生活の利便性や安全性、経済性などを向上させる社会基盤の整備に欠かせない道具である。
このデザインにおいても、『使用者への心遣い』・『社会に役立つ道具を送り出すこと』を念頭にデザインすることに努めている。
HiPerⅡシリーズはどのような使用者・利用者を想定したかGNSSを使用した精密測量(スタティック測量、RTK測量)、国土地理院の電子基準点を利用した精密測量(ネットワーク型RTK測量)で、1cm前後の高精度の位置情報が必要な測量士、土地家屋調査士、土木施工業者など。
HiPerⅡシリーズはその使用者・利用者にどのような価値を実現したかGNSSの作業に従来必要であったケーブル類を全て排除、準備の煩雑さと現場でのストレスを大幅に軽減。
LED表示を効果的に使用した、受信状態の確認が容易なフロントパネル、音声での確認も可能なボイスメッセージ機能など、一層の使いやすさを実現。
その問題点に対し、どのように対応したか軽量で頑丈というアウトドアユースでの相反するニーズに応えるとともに、アンテナ/受信機/無線/バッテリー/記録メディアを一体化することで環境に配慮し部品・モデル数を削減。
マグネシウム筐体の採用で従来比約20%の軽量化を実現。
耐水耐塵性は従来機種のIP66からIP67へ向上させた。
HiPerⅡシリーズをもっと見る・購入 楽天市場でHiPerⅡシリーズを探す

amazonでHiPerⅡシリーズを探す

Yahoo!ショッピングでHiPerⅡシリーズを探す

Yahoo!オークションでHiPerⅡシリーズを探す
オフィシャルサイト http://www.topcon.co.jp/positioning/gnss/hiper2.html

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器の人気グッドデザイン