蒼天草庵

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

有限会社TEAMWORKS(京都府)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

町屋の持つ雰囲気を生かしたまま、現代の住宅として見事に蘇らせている。

時代を経た物が醸し出す豊かさを住みながら味わえる空間を創出したのは評価に値する。

蒼天草庵の概要日本の風土が育てた町家に焦点を当て、外観は景観に配慮しながら可能な限り復元、内部は現代のライフスタイルに合うモダンスタイル(昭和モダンといった当時のモダニズム的なものも含め)と融合させた築100年仕舞屋造りの町家リノベーション。
潰してしまう選択肢もあった町家に、既存を活かしながらも新しい町家空間の創出を試み、再び住宅としての役割を持たせる事が出来たプロジェクトです。
達成しようとした目標昔の面影の残しながら現代のライフスタイルに合うよう進化させた町家の姿と住まい方の提案。
プロデューサー三澤 栄正
ディレクター三澤 栄正
デザイナー三澤 智子
蒼天草庵のデザインについて高温多湿な日本風土の中で進化を続けてきた町家は、諸外国の高性能住宅手法が入ってきたことにより独自の進化を追求する必要性がなくなり「住みにくい古い家」として進化を終えてしまいました。
その町家に再びリノベーションという形で進化させた町家空間の可能性と、現代人が真のエコを考えるひとつの切り口であると考えています。
蒼天草庵はどのような使用者・利用者を想定したか古民家や町家暮らしをしてみたいけれど現実問題として単に老朽化した建物に、リノベーション(建物の歴史を読み取り、経験を練りこみ、新しい空間を創出する)を施し、住まい手の関心を寄せる提案の試み。
蒼天草庵はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか「凛」とした空間と「ほっこり」した空間を併せ持ち、町家暮らしの豊かな暮らし方の再発見と利用価値、季節を愉しむ空間のつながり、コミュニティーを繋ぐ場、夏は暑く冬は寒いエコな暮らし。
その問題点に対し、どのように対応したか外観は景観に配慮し可能な限り素材を含め復元、町家の持つ通風性、採光性、空間性の再考、伝統的な建物の持つ非気密性による真なるエコ環境による生活、コミュニティーを意識した町家の特性(排他的でない)を再現することで近隣とのつながりを紡いでいく「思い出」の継承。
蒼天草庵をもっと見る・購入 楽天市場で蒼天草庵を探す

amazonで蒼天草庵を探す

Yahoo!ショッピングで蒼天草庵を探す

Yahoo!オークションで蒼天草庵を探す
オフィシャルサイト http://www.houseco.jp/profile/architect/2008

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン