YSY HAUS

このエントリーをはてなブックマークに追加

※画像をクリックすることで、大きな画像を見れます。

住宅

住宅や住宅設備

AUAU建築研究所(愛知県)

2010年度 グッドデザイン賞 受賞

レベル差のある敷地を活かした、緑の斜面に白いオブジェがそっとおかれたような不思議な外観。

「まとい」が外だけでなく全体の構成にもからんで、断面的にもダイナミックなインテリアが展開する。

実際訪れてみたい。

YSY HAUS の概要瀬戸市の急峻な坂を上った敷地からは南側に瀬戸の市街が一望でき、背後には陶土採掘のためにできた巨大なクレータと、それを縁取る県有林が固有の生態系を有している。
アップダウンの激しい地形と大きな擁壁がこの地のランドスケープを特徴づけている。
身体に記憶されるこれらの要素を建築の空間にも反映し、大地と空をつなぐ流れのなかに生活の場所としての「囲い」という内部空間をつくり、その外側に「まとい」を着せることで余白や重なりを生み出す。
これは内部と外部の新たな関係性や距離感を創出する。
構造的にはやわらかな「囲い」という主体を「まとい」が強化する構想とし、環境的には熱環境を緩和する役割を兼ね備えている。
達成しようとした目標敷地が持つ特性を住宅の空間や形態に最大限活かし、森や空、マチと繋がりながらコンパクトな空間内におけるアクティビティやコミュニケーションにつなげることを目標とした。
プロデューサー鵜飼昭年/AUAU建築研究所
ディレクター鵜飼昭年/AUAU建築研究所
デザイナー鵜飼昭年/AUAU建築研究所+名和研二/なわけんジム
YSY HAUS のデザインについてまるで手の中で組み立てられ、そのまま置かれたやわらかな布のように、木造であるのにその質量を感じさせない、掴みどころの無い存在感を実現しつつ、住空間としての新たな場所性やダイナミズムを獲得しようとした。
YSY HAUS はどのような使用者・利用者を想定したか夫婦と小さな子供2人を想定している。
YSY HAUS はその使用者・利用者にどのような価値を実現したか土地が持つランドスケープの特性を空間として享受すること、マトイがつくる時間の経過に沿って変化する豊かな住空間、そして構造、熱環境と光環境の演出による居住性を獲得できた。
その問題点に対し、どのように対応したか「まとい」には外壁の外側に重ね着している効果があり、西から吹いてくる風を防ぎ、北から吹き下ろしてくる風をやり過ごす。
夏、壁内に入った空気は「まとい」と「囲い」がつくる空洞によってチムニーのような役割を果し建物を冷却する。
また、屋根下地に、通気胴縁と合板、弾性FRPとトップコートで仕上げられているため「まとい」は熱伝導率が低い。
入力される熱を少なくして幾層もの材料を重ねることで熱移動量を少なくした。
どこで購入できるか、どこで見られるか愛知県瀬戸市小金
YSY HAUS をもっと見る・購入 楽天市場でYSY HAUS を探す

amazonでYSY HAUS を探す

Yahoo!ショッピングでYSY HAUS を探す

Yahoo!オークションでYSY HAUS を探す
オフィシャルサイト http://homepage2.nifty.com/AUAU/

関連するグッドデザイン

 

著作権利者:(C)JIDPO GOOD DESIGN AWARD [ G-Mark Library ]

カテゴリーメニュー
住宅や住宅設備の人気グッドデザイン